2016年02月12日 12時00分 公開
特集/連載

仮想環境で軽視されがちなハードウェア、障害対策は万全?特選プレミアムコンテンツガイド

仮想化ではハードウェアが軽視されがちだ。しかし、可用性を確保する機能を使っても、全てのハードウェア障害が回避できるとは限らない。仮想環境では、可用性だけでなく障害も考慮して設計する必要がある。

[TechTargetジャパン]
仮想環境で軽視されがちなハードウェア、障害対策は万全?

 ライブマイグレーションやフォールトトレランス、高可用性、冗長化などの技術が広く利用されるようになり、ハードウェア障害はあまり話題に上らなくなっている。そこで、注目されているのはアプリケーションやシステムの可用性だ。障害ではなく可用性の観点から設計、構成、インストールをするわけである。ただ、その場合は「ハードウェアが故障したら、何が起こるのか」を見極める必要がある。

 可用性を考慮した設計における思考プロセスは、障害を考慮した設計の場合とは全く違う。その違いを理解することが仮想化を成功させる鍵となる。

 さらに、サーバ仮想化では、大規模なサーバクラスタを1つ構築するのと、小規模なサーバクラスタを複数構築するのとではどちらが良いのだろうか。ハードウェアにおけるサーバクラスタリングの制限についても考察した。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。