2016年09月23日 08時00分 公開
特集/連載

6大サプライヤーのオブジェクトストレージ製品戦略各社の特徴は?

ストレージ界の6大ベンダーは、どのようなオブジェクトストレージ製品を提供しているのか。各社の戦略と製品の特徴をまとめた。

[Chris Evans,Computer Weekly]

 オブジェクトストレージは、膨大な非構造化データを格納するための現実的な手段と見なされている。ブロックとファイルのプロトコルを補完し、永続性のあるストレージにアクセスする3つ目の方法だ。

Computer Weekly日本語版 9月20日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 9月20日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 オブジェクトは固有のフォーマットを持たないバイナリファイルで(それでも実際には何らかの構造を持っている場合もある)、大規模でフラットな名前空間に格納される。メタデータはオブジェクトと一緒に格納されているもので、オブジェクトストア自体からオブジェクトを検索、取得する際に利用する付随情報を提供する。

 オブジェクトストアへのアクセスは、標準的なWebベースのプロトコルを使用する。プロトコルの中で最もよく知られているのは、Amazon Web Services(AWS)の「Simple Storage Service」(S3)が提供している「S3 API」を含むものだ。

 サプライヤーは、各社独自のインタフェースやSwift(「OpenStack」向けオブジェクトストレージのプロトコル)のサポートを提供している。また一部では、SNIAが開発した「CDMI」もサポートしている。

 オブジェクトストレージのサプライヤーは、ファイルベースプロトコルのサポートを追加する傾向にある。これにより顧客は、オブジェクトストアにデータを格納したり、オブジェクトストアからデータを取得したりすることができるようになった。またその際、(RESTベースの)HTTP APIにコードを追加する必要もない。

 ストレージ界の6大サプライヤーはいずれも、オブジェクトストレージのソリューションを提供している。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。