単なるバックアップとは違う「包括的データ保護」に必要な“5つのC”とは?革新が求められている企業のデータ保護戦略(1/2 ページ)

データの可用性確保やデータ管理を含めた包括的なデータ保護を進めるために、企業に求められることとは何か。主要な5つのポイントを紹介する。

2016年10月17日 12時00分 公開
[Jason BuffingtonTechTarget]

関連キーワード

バックアップ | データ


画像 これからのデータ保護に求められる要素とは

 従来型のバックアップを補強して包括的なデータ保護を実現するために、スナップショットやレプリケーション、アーカイブを組み合わせて活用している企業は少なくない。一方で革新的なデータ保護ベンダーは、既存顧客や潜在顧客が望むものを提供するべく、IT情勢の変化に日々対処している。

 データ保護分野の新興企業とトップ企業は、データの可用性確保とデータ管理という2つの分野について革新を進めている。本稿では、データ保護の系図において相互補完の関係にありながら、決定的に異なる2つの潮流について取り上げる。

データの可用性確保

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...