2017年01月25日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」はいつかはやってくる、その日に備えるアップグレードガイドライセンスや管理方法はどう変わる?

IT管理者は「Windows 10」にアップグレードする前にライセンスやハードウェア要件、管理方法について確認する必要がある。メリットとデメリットも理解しておくべきだ。

[Brien Posey,TechTarget]
Windows 10 Creator Update 2017年には次の大型アップデート「Windows 10 Creator Update」が予定されている(画像はMicrosoftのWebサイト)《クリックで拡大》

 Microsoftの新OS「Windows 10」への移行は、スイッチを入れれば済む話ではない。Windows 10にアップグレードする前に、IT管理者は幾つか重要な点を確認し、Microsoftの新OSがこれまでのWindowsとどう異なるかを理解しておく必要がある。

 IT部門にとってWindows 10で最も重要なプラスの変化は、生体認証機能「Windows Hello」などのセキュリティ機能が大幅に強化された点だ。もう1つ、アップグレードとアップデートのサイクルも大きく変わった。Microsoftは、「当面はWindows 10が最後のメジャーバージョンになる」と述べている。いったんWindows 10にアップグレードすれば、その後は数年ごとのアップグレードをしなくても、パッチ管理を通じてOSを常に最新の状態に保てるということだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「Amazon帝国」の歴代企業買収額ランキング
ついに映画製作の名門MGMを手中に。成長やまぬ帝国が次に狙うのは?

news141.jpg

デジタル広告不正の内容理解は4割にとどまる――デロイト トーマツ調査
問題意識はあるものの理解は浅く、取り組みもまだ不十分というのが現状のようです。

news163.jpg

BOPIS(EC注文&店頭受取)導入支援サービス 電通テックなど3社が提供開始
3社でシステム導入と販促・バックヤード業務を総合支援。