2017年06月04日 08時00分 公開
特集/連載

新しくなった「Surface Pro」に関する良いニュースと残念なニュースモデル番号も付属ペンもなくなって得たものは?

新たに発表されたMicrosoftの第5世代の2-in-1デバイスである「Microsoft Surface Pro」には、Intelの最新のプロセッサ、LTE、13時間強持続するバッテリーが備わっている。しかし、以前付属品として提供されていたアクティブペンは付属していない。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

Surface Pro |Surface | タブレット


画像01 オプションのキーボード、ペン、マウスを装着した第5世代のSurface Pro

 Microsoftは2017年5月23日に中国上海で「Surface Pro 4」の後継モデルを発表した。しかし、「Surface Pro 5」という名前ではなく、名称にモデル番号は含まれていない。そのため、テクノロジーライターが言及するときもカタログに記載されるときも「Surface Pro(2017)」という表現を使う必要がある。

Surface Pro(2017)に関する良いニュース

 Intelによると、第7世代プロセッサファミリーである「Kaby Lake」の「Core m3」「Core i5」「Core i7」プロセッサを搭載すると、実際のパフォーマンスが12〜19%向上するという。さらに、Surface Pro(2017)では電源効率も向上している。Surface Pro 4では1回の充電によるバッテリー持続時間は最大9時間だったが、Surface Pro(2017)のバッテリーは、最大13.5時間持続するとMicrosoftは発表している。「Core m3」および「Core i5」を搭載したモデルではファンが不要であることから電力が節約され、バッテリーが大きくなったこともバッテリーの持続時間向上に貢献している。

 過去のモデルとは異なり、Surface Pro(2017)では、内蔵の4G LTEがオプションとして用意されている。ただし、このオプションを利用できるのは2017年後半だ。

画像02 スタジオモードのSurface Pro

 さらに、Surface Pro(2017)では、キックスタンドが改良され、ほぼ平らな状態にすることができる。それから、「Surface Dial」のサポートも追加されている。

 Surface Pro(2017)の仕様は、これまでのモデルとほとんど同じだ。例えば、ディスプレイの画面サイズは12.3インチ、解像度は2736×1824である。RAMの選択肢は4GB、8GB、16GBと変わらず、SSDストレージは128GB、256GB、512GB、1TBのいずれかから選ぶことができる。

Surface Pro(2017)に関する残念なニュース

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。