2017年11月17日 05時00分 公開
特集/連載

SSDの性能と寿命を劇的に変える重要指標、注目すべきは?検討事項を整理する

SSDのパフォーマンスと寿命の判断基準はIOPSとレイテンシだけではない。ドライブのアーキテクチャやストレージコントローラー、書き込み増幅についても確認しておく必要がある。

[Robert Sheldon,TechTarget]
《クリックで拡大》

 ベンダー各社が企業向けソリッドステートドライブ(SSD)のパフォーマンスを宣伝するとき、スループット、レイテンシ、IOPSを主な指標としている。だが、パフォーマンスと寿命を左右するのはそれだけではない。SSDの構成要素のアーキテクチャや書き込み増幅への対策なども同じくらい重要だ。

 現在データセンターで利用しているSSDの多くはフラッシュテクノロジーを採用している。こうしたフラッシュドライブには、データを保存するNANDセルの他、ストレージコントローラー、インタフェース、キャッシュバッファーなどの構成要素があり、それぞれがパフォーマンスに関わる重要な役割を果たしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...