2017年11月22日 05時00分 公開
特集/連載

マッキンゼー流ビジネスAIの進め方、「必要なのは二刀流プレイヤー」CIOが知っておくべき市場動向

人工知能(AI)が人々の生活をどのように変えていくかという議論が盛んだ。人の代わりに車を運転したり、仕事をしたりするかもしれない。一方で、企業向けAIはどのように企業活動を変えていくのだろうか。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

CIO | データ分析 | 経営


 2017年、McKinsey & Companyは3000人の幹部職員を対象に企業向けAIに関する調査を実施した。この調査によると、中核事業にAIを導入している企業や、AIを大規模に導入している企業はわずか数パーセントにすぎなかった。大半の回答(80%)が、AIの導入を検討中か、試行中だった。検討中にせよ試行中にせよ、企業はAIのユースケースや、AIへの投資から価値を得るために必要な人材とテクノロジーを依然模索している状態だ。

 McKinsey Global Instituteのパートナーで、主任研究員を務めるマイケル・チュイ氏は、経営幹部のAIプロジェクトへの取り組みを、「上っ面をなでているだけ」と表現している。企業向けAIを成功に導くには、真剣に全力で取り組む姿勢が必要になる。

 『Strata Data Conference』のプレゼンテーションでチュイ氏は「企業に大きな変化をもたらすには、実際の取り組みが必要だと考えている」と語った。

企業向けAIを進展させるCIOの役割

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...

news078.jpg

新規事業の実態 最重要KPI「100%以上達成」は約2割――クニエ調査
新規事業の「最重要KPI」「スケジュール遅延」「開発規模」の結果に対して、その要因とな...

news056.jpg

福田康隆氏、NEC東海林直子氏らが語る営業のデジタルシフト まずどこから始めればいい?
お客さまに会って課題を与えてもらうスタイルから、営業自身が課題を先に探して提示する...