2017年12月03日 05時00分 公開
特集/連載

壊れた後では手遅れiPadが壊れる悲劇の前に知っておきたい、修理代、保険、保護ケース

タブレットのディスプレイが割れることを想定している人はいない。だが、これは起こり得ることだ。壊れた「iPad」を「App Store」に持ち込むことを計画するだけでは備えは不十分だ。もっと良い選択肢がある。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

iPad | Apple | iPad mini | iPhone | モバイル端末 | タブレット


 タブレット端末が壊れることを考えないようにするのは、人間の本性だ。誰もが、そのような事態は自分には起こらないと考えている。だが周囲の人に聞いてみると、半数近くが過去5年以内に少なくとも1回はタブレットが壊れたことがあると答えている。中には2回以上壊れたという人もいた。

万が一に備える保護ケース

 iPadをケースで保護するよう、くどくどいうつもりはない。いくら忠告されても、ハードケースを使うことに納得していないのなら、その考えを変えるために言うことは何もない。

Otter Productsの「ディフェンダーシリーズケース」 Otter Productsの「ディフェンダーシリーズケース」

 それに、ケースに入れていてもタブレットが壊れることはある。タブレットは、ディスプレイ面を下にして落下することが多い。そのため、露出した画面が硬い地面に接触することになる。また、誰かがケースの上に座ってしまい、ケースもその中のタブレットも湾曲する恐れがある。

 そうは言っても、ほぼ全ての衝撃に耐えるケースもある。Otter Productsの「ディフェンダーシリーズケース」がその最たる例だ。ただ、厚さと重さが2倍以上になり、薄いiPadがタンクのようになってしまう。落下時の保護のためには大きすぎる代償だ。

 そのため、他の備えも重要になる。

覚悟を決める

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

「市ケ谷」「千駄ケ谷」「阿佐ケ谷」 謎のポスターの認知率は約6割――LINE調査
2019年6月にJR中央線の幾つかの駅で掲示された不思議なポスターの認知率を調査した結果。

news028.jpg

SAPが80億ドルで買収したQualtrics、メルカリも活用するXM(Experience Management)とは
2019年1月、SAPはアンケート調査ツールを提供するQualtricsを80億ドルで買収した。「SAP ...

news149.jpg

シャノンが日本郵政グループのJPメディアダイレクトと連携、DM×MA施策を共同提供
DMの自動印刷・発送機能とMAサービスの連携および共同マーケティング活動を開始。