2018年03月29日 05時00分 公開
特集/連載

ブロックチェーンは効果的? 「文書改ざん防止システム」の作り方仮想通貨だけでないブロックチェーンの活用法(2/2 ページ)

[荒井亜子,TechTargetジャパン]
前のページへ 1|2       

 講演では続いてBCCC技術応用部会長の森 一弥氏が、文書改ざん対策にブロックチェーン技術を利用する方法について解説した。

ハッシュ値とハッシュ関数

ブロックチェーン推進協会(BCCC) 森 一弥氏 ブロックチェーン推進協会(BCCC) 森 一弥氏

 ブロックチェーン技術は基本的にトランザクションデータを保持する。PDF形式や「Microsoft Word」形式の文書ファイルをそのまま取り込めるわけではない。「ブロックチェーン技術で管理できるのは、送信者/受信者のID、送信日時、金額、ショートメッセージといったもの。住所や電話番号などの個人情報はあまり記録しない」(森氏)。森氏は講演で、企業の既存のシステムをなるべく生かしたブロックチェーン技術の適用例として、最も一般的なハッシュ値を用いる方法を紹介した。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...