Extreme Networksなどベンダーの巨額買収が企業のネットワーク管理に及ぼす影響IT担当者にとって悪いことではないが……(2/2 ページ)

2018年06月14日 05時00分 公開
[Steve ZurierTechTarget]
前のページへ 1|2       

ベンダーによる移行作業の実施

 ベンダー市場では大変動が起きている。それにもかかわらず、ベンダーが将来に向けたビジョンを提供する中で、業界の整理統合に冷静に対処し、自社のオプションを評価しているネットワーク管理者もいる。実のところ、管理者はそれぞれが採用しているベンダーと同じくらい、機器の年代や、強化されたセキュリティとポリシー管理のニーズを調査している。

 2014年、CoxHealthではベンダーが激変した。同社は5つの病院を経営する医療組織で、米国ミズーリ州スプリングフィールドを拠点に1万人の従業員を擁する。同社ではBrocadeとRuckus Wirelessのスイッチを導入していた。後にBrocadeがRuckus Wirelessを買収したときもCoxHealthは引き続きその両社と連携した。ただし、1つの企業としてだ。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...