2018年06月14日 05時00分 公開
特集/連載

IT担当者にとって悪いことではないが……Extreme Networksなどベンダーの巨額買収が企業のネットワーク管理に及ぼす影響 (2/2)

[Steve Zurier,TechTarget]
前のページへ 1|2       

ベンダーによる移行作業の実施

 ベンダー市場では大変動が起きている。それにもかかわらず、ベンダーが将来に向けたビジョンを提供する中で、業界の整理統合に冷静に対処し、自社のオプションを評価しているネットワーク管理者もいる。実のところ、管理者はそれぞれが採用しているベンダーと同じくらい、機器の年代や、強化されたセキュリティとポリシー管理のニーズを調査している。

 2014年、CoxHealthではベンダーが激変した。同社は5つの病院を経営する医療組織で、米国ミズーリ州スプリングフィールドを拠点に1万人の従業員を擁する。同社ではBrocadeとRuckus Wirelessのスイッチを導入していた。後にBrocadeがRuckus Wirelessを買収したときもCoxHealthは引き続きその両社と連携した。ただし、1つの企業としてだ。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...