Windows 7サポート終了まであと1年半、Mac移行やVDI導入はあり?Windows 10移行を急ぐ企業

Windows 7の延長サポートが終了する2020年1月14日まで1年半を切った。これに備えて、Windows 10への移行や他の選択肢を検討しておこう。

2018年08月21日 05時00分 公開
[Jo HarderTechTarget]
画像

 Windows 7の延長サポートの終了が迫っている。その終了日を境に、Microsoftは同OSを一切サポートせず、セキュリティ更新プログラムも提供しない。新たなサイバーセキュリティの脅威は日々登場し、詳しく報じられている。デスクトップがセキュリティ更新プログラムなしには存在できないデバイスであることは明らかだ。

 Windows 7の延長サポートは、2020年1月14日をもって終了する。多くの企業のデスクトップは既に新しいOSを搭載しているが、9年前にリリースされたWindows 7ベースの企業デスクトップは、いまだに大きな割合を占めている。その理由としては、「壊れていないものを直すな」という古いことわざの考え方や、「時間またはお金、気力がないこと」「現状維持が楽なこと」が挙げられそうだ。いずれにしても、Windows 7を使える時間は尽きようとしている。

 2020年1月14日まで、17カ月とたっぷり時間があるように思えるかもしれない。しかし全ての従業員に影響する大きな変更を計画、実行すると、どんどん時間がなくなっていく。管理者がWindows 7のサポート終了に伴って乗り越えなければならないハードルや、Windows 10または他のシステムへの移行における考慮点、次のステップを見ていこう。

Windows 7のサポート終了で企業が直面するハードル

ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

AIが検出したZ世代のコミュニケーション特性――コグニティ調査
商談や打ち合わせといったビジネスコミュニケーションにおいて、Z世代は他の世代と比較し...

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...