2018年08月04日 05時00分 公開
特集/連載

本格化するWindows 10移行、誰もがぶつかる4つの課題とは?イメージ展開やローカル管理者権限の適用に困難が

Windows10の移行に関する調査報告書が発表された。各企業の移行状況と、移行に伴う課題について紹介する。

[Ed Tittel,TechTarget]

 MicrosoftグループポリシーMVPのジェレミー・モスコウィッツ氏は、「Windows 10」への移行に関する興味深い調査報告書「The 2018 State of Windows 10 Migration Challenges Report」を公表した。

 この調査は米国企業を中心に、30カ国以上の500社を超える企業を対象に実施した。従業員数の内訳は、1〜500人が41%、501〜1000人が13%、1001〜5000人が24%、5001人以上が22%。業種の内訳は、最も多いのが教育で23%、次が政府関係で13%、金融が10%、製造が9%、プロフェッショナルサービスも同じく9%、テクノロジーが8%、医療が7%、非営利が6%、コンシューマーとエネルギー&公益事業がともに5%だった。この調査報告書を見ると、企業におけるWindows 10への移行に関する現在と今後の課題が浮かび上がってくる。

Windows 10への移行状況

 この調査では、Windows 10への移行状況を「計画中」「パイロットのみ」「移行中」「ほぼ完了」の4段階に分類している。企業規模別の移行状況は下のグラフのようになった。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...