2018年10月03日 05時00分 公開
特集/連載

今まさに広がりつつあるAI人材選考、人間による評価とのすみ分けはチャットbotで煩雑さが劇的に減少

有望な求職者を見極める採用活動にAI技術を取り入れる動きが、企業の間で広がっている。だが注意しなければならない幾つかの落とし穴が存在する。

[Ronald Schmelzer,TechTarget]
画像

 AI(人工知能)技術が今後、人間の仕事を奪うのではないかと恐れている人が少なくないが、「AI技術には代替できない」と大半の人が考えている仕事が1つある。それは「採用面接」だ。

 人材の獲得から育成、定着を図るためにAI技術の活用を考える動きが、企業の間で広がっている。この分野でのAI技術活用に関しては、あまりピンとこない人もいるだろう。実は組織内で適材適所を確実に実現するという点で、人の代わりにAI技術を使って採用活動をすることで、大きなメリットが得られる可能性がある。

 企業が採用活動において直面する大きな課題の一つは、膨大な量の履歴書、オンラインの応募者プロフィール、求職者からの問い合わせをふるいに掛けることだ。特に小売り、倉庫・物流、外食など、離職率が高い業界では雇用プロセスの管理の面で大きな課題がある。相当数の候補者群の振り分け、連絡、面接という、うんざりする仕事が過重労働をしている管理者の肩にのし掛かる。

人材発掘プロセスの自動化

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...