2018年07月31日 11時50分 公開
特集/連載

「LINE」や「Slack」を使った採用活動が可能に 採用管理システム3種を紹介複雑化する採用フローを一元化

人事業務関連製品・サービスの展示会「第7回 HR EXPO」では、複雑化する採用活動を一元管理できる採用管理システムが複数展示されていた。今回はその中から、各種SNSや求人サイトと連携できる3サービスを紹介する。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

関連キーワード

経営 | 人事 | SNS


 2018年7月11日〜13日に、人事業務を支援する製品・サービスの展示会「第7回 HR EXPO」が開催された。会場では、複数の求人サイトからの応募者情報や選考フローを一元管理し、企業の採用活動を助ける採用管理システムの展示が見られた。今回はその中から、各種SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)や求人サイトと連携して、採用活動を自動化できる3サービスをピックアップして紹介する。

「next≫」(アローリンク)

画像 画面1 next≫の管理画面(編集部で一部加工)

 アローリンクの「next≫」はビジネス向けの「LINE」アカウントである「LINE@」を利用した、新卒者向け採用活動を支援するWebサービス。LINEの一斉配信メッセージや自動応答キーワードを設定する機能を備え、情報発信や学生からの問い合わせに対する応答を自動化できる。

LINEを使って学生を囲い込み

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...