Samsung「Galaxy Note9」徹底解説、小さな改良で飛躍的な進化ユーザーエクスペリエンスを改善

Samsungが発売した最新のスマートフォン「Galaxy Note9」は、一見するとGalaxy Note8と似通っている。しかし、その内蔵機能に改良を施している。この記事では、Galaxy Note8との相違の概要を紹介する。

2018年10月07日 05時00分 公開
[Erica MixonTechTarget]

関連キーワード

Android | スマートフォン


Galaxy Note 9《クリックで拡大》

 Samsung ElectronicsのGalaxy Note9は、見た目にはGalaxy Note8と非常に似通っているが、神は細部に宿るものだ。

 2018年8月に販売開始されたGalaxy Note9は、あらゆるスマートフォンの中でも有数の大きな画面、そのサイズ実に6.4インチのディスプレイを特長としている。しかし、6.3インチのディスプレイを備えたGalaxy Note8にすでに慣れ親しんだユーザーはあまり違いを感じないだろう。Samsungは指紋スキャナーの配置をカメラの横からカメラより下の位置に変更して、ユーザーエクスペリエンス向上を狙っている。

 この新しいスマートフォンはGoogleがAndroid 9 Pieをリリースした直後に発売が発表されたが、Galaxy Note9が搭載しているのはいまだにAndroid 8.1だ。

企業向け機能

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...