2018年10月09日 05時00分 公開
特集/連載

事例:ステートフルアプリの速度を最大限に高めたデータベースDevOpsツール開発者とDBAとの協力関係も改善(1/2 ページ)

ステートフルアプリの柔軟性を高めるデータベース管理と永続ストレージのソフトウェアが登場し、「データベースDevOps」は成立しない言葉ではなくなっている。小売業、金融業など5社のユースケースを紹介する。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 DevOpsを担当する部門は、大きな障害に悩まされることなく、アプリケーションの迅速な開発が可能になるだろう。

 2017年の今頃は、データベース管理者(DBA)の文化的反発や、データベースDevOpsツールの未成熟さが、アジャイルなエンタープライズ開発者がステートフルアプリケーションに対して短期間で繰り返し変更を加える際の障害になっていた。だが現在は、データベースを変化の早いDevOpsパイプラインに合わせるアプリケーションツールやインフラツールが登場している。

 英国を拠点とするベビー服の小売業者Mamas & Papasでデータアーキテクトを務めるマシュー・ヘーグ氏は次のように話す。「当社のマーケティング部門による戦略変更に、当社のデータベースは追い付くことができなかった。例えば、マーケティング構想を木曜日の夕方に知らされると、月曜日の朝には結果を求められた。そのような変更をそのような短期間で実現するのは非常に難しかった」

開発者とDBAとの協力関係を復活させたツール

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

外出自粛をきっかけにオンラインで購入した商品は?――アドビが東京都の消費者1000人に調査
東京都の消費者1000人に調査。これまで店舗購入のみだったものが、今後はオンラインと店...

news016.jpg

withコロナ時代のB2Bマーケティング リード獲得に強い「ウェビナー」とは?
展示会への出展やセミナーの開催を制限、または中止せざるを得ない状況が続く中でB2B企業...

news158.jpg

外食に対する意識と行動はコロナ禍でどう変わったか――Retty調査
今、消費者は外食に対しどのように感じ、実際に行動しているのか。Rettyの調査です。