2018年10月23日 05時00分 公開
特集/連載

IT担当者必携のトラブルシューティングツール3選自席から従業員をサポート

リモートアクセスツールやヘルプデスクシステムなどは、ユーザー管理に必須だ。こうしたツールがなければ、IT担当者はごく単純なタスクの処理にも苦労するだろう。

[John Powers,TechTarget]
画像 トラブルを抱えたユーザーを負担なく助けるためには

 IT担当者がPCトラブル対応などのタスクで、社員とやりとりするためにユーザー管理ツールは、不可欠だ。

 PCトラブルの情報を管理するツールは、リモートアクセスのためのツールから包括的なヘルプデスク専用システムまで多岐にわたる。こうしたツールにより、IT担当者はユーザーとコミュニケーションを取り、問題を特定し、組織の業務環境を正常に機能させる。こうしたツールは動的に変更可能であり、企業のセキュリティなど新しい要件に適用できる。

リモートアクセスツール

 IT管理者に必要なツールの1つは、離れた場所のPCに接続できる「リモートデスクトップアクセス」製品だ。IT担当者は問題解決をする場合、各ユーザーのデスクに赴くことなく、問題の起こっているPCにアクセスしたいと考える。こうしたツールがあれば、IT担当者はどこからでも、問題の管理ができる。

 ハワイ大学の「Pacific Islands Ocean Observing System」(PacIOOS)のIT管理者はリモートアクセスツール「TeamViewer」を使って、太平洋に展開された情報端末(キオスク)を管理している。

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...