2018年11月13日 05時00分 公開
特集/連載

命を守り、費用と時間を節約する「診療診断支援機能」(CDSS)の可能性医療用APIが普及すれば実現できること

オープンソース技術や医療用APIがあれば、医療ITは飛躍的な進歩を遂げるだろう。ある医学博士は「後はただ前進するだけだ」と考えている。同氏は医療用APIの普及がもたらす可能性の一つとして、診療診断支援機能(CDSS)の進化を挙げる。

[Valerie Silverthorne,TechTarget]

 医療グループIntermountain Healthcareで最高医療情報責任者を務める医学博士スタン・ハフ氏は、2018年6月にボストンで開催された「Object Management Group」(注1)のカンファレンスで、メディカルプラットフォームの相互運用性、医療用API、医療ITのオープンソースへの取り組みについて力説した。

※注1 Object Management Group(OMG)は国際的な標準化コンソーシアム。

 ほぼ全ての業界のIT部門は、長い間APIを利用するヘビーユーザーだった。APIとはソフトウェアを機能単位で分割し、それぞれ組み合わせて開発する方式の標準仕様で、開発と相互運用を容易にするものだ。APIにはオープンソース化の動きもあり、公益のため、コードの共有、再利用、改良を促している。

 だが、医療分野のITはこうした考え方に弾みがつくのが遅い。最近になってようやく、Appleが初めて「Health Record API」を開発者に公開したところだ。AppleのAPIはFHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources:迅速な医療情報相互運用のためのリソース)を基盤とする。FHIRは2014年に作成され、現在の最も話題になっている医療用APIといえる。

 だが、話題にはなっても、導入までの道のりは遠い。ハフ氏が指摘した通り、このことこそ大きな問題なのだ。ハフ氏は会場の医師たちに次のように語りかけている。「FHIRの導入は実際には簡単だ。電子健康記録(EHR)の企業から前例がないほどのサポートがある。だが、まだ実績が少ない。ビジョンはある。ただ前進するだけだ」

医療用APIが実現できること

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...