2018年11月13日 05時00分 公開
特集/連載

命を守り、費用と時間を節約する「診療診断支援機能」(CDSS)の可能性医療用APIが普及すれば実現できること

オープンソース技術や医療用APIがあれば、医療ITは飛躍的な進歩を遂げるだろう。ある医学博士は「後はただ前進するだけだ」と考えている。同氏は医療用APIの普及がもたらす可能性の一つとして、診療診断支援機能(CDSS)の進化を挙げる。

[Valerie Silverthorne,TechTarget]

 医療グループIntermountain Healthcareで最高医療情報責任者を務める医学博士スタン・ハフ氏は、2018年6月にボストンで開催された「Object Management Group」(注1)のカンファレンスで、メディカルプラットフォームの相互運用性、医療用API、医療ITのオープンソースへの取り組みについて力説した。

※注1 Object Management Group(OMG)は国際的な標準化コンソーシアム。

 ほぼ全ての業界のIT部門は、長い間APIを利用するヘビーユーザーだった。APIとはソフトウェアを機能単位で分割し、それぞれ組み合わせて開発する方式の標準仕様で、開発と相互運用を容易にするものだ。APIにはオープンソース化の動きもあり、公益のため、コードの共有、再利用、改良を促している。

 だが、医療分野のITはこうした考え方に弾みがつくのが遅い。最近になってようやく、Appleが初めて「Health Record API」を開発者に公開したところだ。AppleのAPIはFHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources:迅速な医療情報相互運用のためのリソース)を基盤とする。FHIRは2014年に作成され、現在の最も話題になっている医療用APIといえる。

 だが、話題にはなっても、導入までの道のりは遠い。ハフ氏が指摘した通り、このことこそ大きな問題なのだ。ハフ氏は会場の医師たちに次のように語りかけている。「FHIRの導入は実際には簡単だ。電子健康記録(EHR)の企業から前例がないほどのサポートがある。だが、まだ実績が少ない。ビジョンはある。ただ前進するだけだ」

医療用APIが実現できること

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...