2018年12月06日 05時00分 公開
特集/連載

広がるコンテナ運用の可能性無料Kubernetesセキュリティツールのメリットは? 主要ツールを紹介

Kubernetesセキュリティツールは、コンテナを導入する企業のIT部門がセキュリティ対策を実施するのに一役買う。こうしたアプローチは個々のコンテナのインスタンスを強化するだけにはとどまらない。

[Beth Pariseau,TechTarget]
画像 Kubernetesのセキュリティに関する議論は次の段階に進みつつある

 2018年、コンテナオーケストレーションソフトウェア「Kubernetes」のセキュリティツールが次々と登場した。その数が増え続けているのは、企業のIT部門でコンテナセキュリティに対する成熟度が高まっていることを反映している。

 新しく発表されたセキュリティツールとして、Googleが提供するKubernetes管理ツール「Google Kubernetes Engine」(GKE)の「Binary Authorization」がある。この機能では、GKEクラスタでの実行を許可するコンテナイメージとコードのホワイトリストを作成できる。未許可のアプリを実行しようとする操作は全て失敗し、それらのアプリが記録される。

 Binary Authorizationは2018年8月時点でβ版の段階にある。Googleは、同社のオープンソースKubernetesセキュリティツール「Kritis」の更新によって、オンプレミス環境でもこの機能を利用できるようにする予定だ。

続々と投入されるKubernetesセキュリティツール

ITmedia マーケティング新着記事

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...

news117.jpg

Criteoがモバイルアプリ広告事業を強化、新規獲得と既存顧客活性化のためにできること
インストール、リエンゲージメント、ダイナミックリターゲティングで、Criteoが企業のモ...

news032.jpg

日本の消費者はサブスクリプションにどれだけ前向きか――Zuora調べ
Zuoraが実施した世界のサブスクリプションビジネスの実態調査です。