2019年02月08日 05時00分 公開
特集/連載

建設業界のCIOが語る迫り来るデジタルディスラプター 企業が「最も取り組むべき施策」とは何か? (2/2)

[Mary K. Pratt,TechTarget]
前のページへ 1|2       

この業界では、どこでデジタルディスラプションが起きると考えられるか

 ライト氏:インパクトの強い例はある。例えば拡張現実(AR)だ。当社が現在取り組んでいることの多くはARが軸になっている。ARを中心としてイノベーションを起こしている業界は多い。現場で非常に複雑な問題が発生し、専門家が必要になったときでも、国内の別の場所にいる専門家にARを通じて支援を受けられる。現場にいる担当者がカメラ付きのヘッドセットを装着すれば、ライブ動画をその専門家に送信できる。専門家は、それを見て指示を送ったり、現場の担当者が見えるように画面上に描画したりすることも可能だ。そうすれば、専門家の移動に伴う時間を減らせる。

 また、ドローン、センサー、カメラを使って建設現場を監視できる。これらを目として使うことで、従来ならデータを得ることが難しい領域でも確認ができるようになる。これまでもそうした情報を得られなかったわけではないが、重要なのはコスト効率よく、迅速に情報の取得が可能になることだ。

 利用が増え始めているもう1つの要素に、機械学習と人工知能(AI)がある。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

300を超える大手メディアから配信先を選定可能、マイクロアド子会社が新たな動画広告配信サービスを開始
マイクロアドの子会社であるエンハンスは、動画広告配信サービス「Enhance Locus」の提供...

news149.jpg

Tableau 2019.1が自然言語処理によるデータ分析機能を搭載
Tableau SoftwareはTableau最新バージョンとなる「Tableau 2019.1」をリリースした。主な...

news123.jpg

ヤフー、YDNに新メニュー「動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)」を追加
ヤフーは「動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)」の提供を開始した。