2018年12月07日 05時00分 公開
特集/連載

ある設計会社の取り組みデジタルリーダーを育てるためにIT部門は何をすればいいのか (1/2)

Arcadisは建設業界の顧客にとってのデジタルリーダーを目指している。そのためには、IT部門とビジネス部門にはどのような連携が必要だろうか。その点について、同社のCIOジャスティン・ライト氏に話を聞いた。

[Mary K. Pratt,TechTarget]

関連キーワード

CIO | IT部門


デジタル変革にIT部門はどう貢献できるのか《クリックで拡大》

 ジャスティン・ライト氏はArcadisで北米と中南米地域を担当するCIOだ。同社は、設計やコンサルタントを行う一流のグローバル企業で、その収益は35億ドルを超える。同氏は建設業界におけるArcadisの顧客がデジタルディスラプターに対応できるように備えなければならないと主張する。高度なテクノロジーを使用して、コスト超過や資材不足など、業界の弱点に対処する必要があるというのだ。また、拡張現実やドローン、センサーのようなデジタルテクノロジーが建設業界にもたらすビジネスチャンスについても語っている。

 ライト氏がArcadisに入社したのは2007年だ。それ以降、2018年1月にCIOに就任するまで、マーケティングや顧客開発など、業務に直結する分野で、さまざまなディレクターレベルや幹部の職務を経験してきた。また、アリゾナ州立大学のW.P.キャリー・スクール・オブ・ビジネスでMBA(経営学修士)を取得している。

 Arcadisでは、グローバル設計において顧客のデジタルリーダーになる取り組みを行っている。本稿では、90人のスタッフを抱えるライト氏のIT部門がその取り組みの進展と実現をどのように支援しているかについて話を聞いた。

編注:このインタビューは抜粋になります。

IT部門はデジタル戦略をサポートする態勢を整えなければならない

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

ABEJA永淵恭子氏のモットーは「一石二鳥」、マーケティング施策の効果を最大化するために
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news081.jpg

経営者になって分かった「真のマーケティング」――空の松村大貴氏に聞く
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news036.jpg

消費税率引き上げに関する企業の意識、実施の是非は拮抗――帝国データバンク調査
帝国データバンクは「消費税率引き上げに対する企業の意識調査」を実施しました。