2019年03月01日 05時00分 公開
特集/連載

「IDおよびアクセス管理」(IAM)はセキュリティの“花形”、製品と技術を追うIAMエンジニアはいつも人材不足

IDおよびアクセス管理(IAM)は企業のセキュリティ戦略の中心に存在する要素だ。優れたIAM戦略を考案するには、最新のツールやトレンドを常に把握しておくことが重要だ。求人や教育プログラムも意識しなければならないだろう。

[Erica Mixon,TechTarget]
画像

 セキュリティの脅威が高まりユーザーのプライバシー設定管理が難しくなるにつれ、IDおよびアクセス管理(IAM)が、企業にとってますます不可欠になる。

 幸いなことに、IAM製品のテクノロジーは進化しており、以前よりも効果的に扱うことが可能だ。

 本稿では、新たに登場しているIAM製品とツールを取り上げ、強力なIAMチームを作り上げるために必要なことを確認する。

変化するIAMを取り巻く状況

 さまざまなIAM製品のベンダーが登場し、各社がそれぞれIAMの異なる側面に重点を置いている。Ping IdentityやForgeRockなどのIAMベンダーが、属性交換から認証まで幅広いサービスを提供する。

 さらに注力分野を絞り込んでいるベンダーもある。例えば、TruliooやSignicatなどは、オンラインエンドユーザーを特定するIDデータの収集に重点を置いている。他にもOpenIDは、エンドポイント間での属性交換サービスやID情報の共有に力を注いでいる。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...