2019年03月04日 05時00分 公開
特集/連載

高解像度の衛星画像データが利用可能無料で宇宙データを使える「Tellus OS」 衛星データの分析を簡単に

さくらインターネットは宇宙データ分析サービス「Tellus OS」を公開した。いままで活用のハードルが高かった日本政府の衛星データを、無料で簡単に利用できるようにする。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

関連キーワード

SaaS | データ分析 | オープンデータ


photo

 さくらインターネットは2019年2月21日、衛星データ分析SaaS(Software as a Service)の「Tellus Operation System」(Tellus OS)を提供開始した。Tellus OSの大きな特徴は、日本政府の衛星データを誰でも無料で利用できるようにしたことだ。これまでは、民間事業で政府衛星データを使おうと思っても、データの所在が分かりづらかったり、専門性を持った人材や高価な設備を必要としたりするという課題があった。

 Tellus OSでは、日本の気象・地球観測衛星「ASNARO-1」が光学センサーで撮影した地表画像データの一部を利用してデータ分析ができる。提供時点ではその他、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の衛星が取得した降雨量/地表温度の一部データ、国土地理院がインターネットで公開する地図「地理院地図」のデータなどを利用可能だ。

Pythonを使った分析が可能なクラウド開発基盤を提供

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...