2019年04月09日 05時00分 公開
特集/連載

AI(人工知能)で脳出血を容易に検出 放射線医学のAI活用事例臨床現場の業務負担を軽減

人工知能(AI)が放射線医学に与える影響を示す例について、2人の放射線科医の話を基に紹介する。新旧画像の比較や、深刻な症状の患者の優先治療などにAIが活用されているという。

[Makenzie Holland,TechTarget]
画像

 放射線医学での人工知能(AI)技術の利用は、まだ一時的ではない。調査会社Frost & Sullivanのアナリストによると、特に画像分析分野において、AI技術が2034〜2039年には放射線医学にとって不可欠なツールになる可能性があるという。

 Frost & Sullivanで医療業界のアナリストを務めるシッダルタ・シャー氏は次のように話す。「医療機関は放射線科医の業務にAIツールを導入し始め、有用性が実証されつつある。放射線医学におけるAIのイノベーション段階は終わろうとしている」

 シャー氏は「毎日画像を分析している放射線科医なら、画像の検査を迅速化するのにAI技術が役立つ」と語る。この効果を実感している医師がいる。ユタ大学健康科学部のリチャード・H・ウィギンズ3世氏は、医療機器メーカーPhilipsの医療部門であるPhilips Healthcareのツールを利用して、時系列の患者のスキャン画像を継続的に収集している。医療機関を運営するCapital Healthのアジャイ・チョウドリー氏はAI技術を応用した臨床ツールを利用して、CT(コンピュータ断層撮影)スキャン画像から脳出血の有無を判断する。

「Illumeo」で画像の検索時間を短縮

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...