2019年05月15日 05時00分 公開
特集/連載

5つの理由を整理クラウド形式の統合コミュニケーション「UCaaS」がSMBにも大企業にも受ける理由

コラボレーションニーズの高まりにつれて、「UCaaS」の採用が全ての市場セグメントで進んでいる。ただしユーザーの企業規模によって、その実態は異なる。

[Micah Levine,TechTarget]
画像

 ビジネスにおける優先度の変化により、モバイルワーカーをサポートできる高度なコラボレーション機能とクラウドサービスのニーズが高まってきた。こうした中、あらゆる規模の組織が、オンプレミスのユニファイドコミュニケーション(UC)製品から、UC製品の機能をクラウドサービスとして利用できる「UCaaS」(サービスとしてのUC)へ移行している。

 調査会社Synergy Research Groupのレポートによると、UCaaSを最も早期に採用したのは中堅・中小企業(SMB)で、UCaaSユーザー企業の大多数を占めている。一方で大企業のUCaaSの採用も大幅に増加しているという。レポートによると、UCaaSを利用する大企業の数は2018年に57%増加した。

 これまで企業の間では、高度な制御性とカスタマイズ性から、オンプレミスのUC製品が好まれる傾向があった。調査会社Frost&Sullivanのアナリスト、エルカ・ポポバ氏によると、高度な通信機能やモバイル関連機能などを提供するUCaaSの需要が高まっているという。「リモートワーカーやモバイルワーカーの増加、従業員へのミレニアル世代の流入、ビジネスのグローバリゼーションとローカライゼーションが、クラウドサービスに対する強い需要を生み出している」とポポバ氏は述べる。

クラウドUCの採用を推進する要因

 企業におけるワークスタイルの変化が、全てのビジネスセグメントにおいてUCaaS採用推進の主な原動力になっている。Frost&Sullivanの調査によると、企業がUCaaSを採用している主な理由は、以下の5つだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。