2019年11月06日 05時00分 公開
特集/連載

HCIの2大バックアップ手法「ホストベース」「ゲストエージェント」の違いはHCIのバックアップ手法を選ぶヒント【前編】

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)のデータ保護手法を大別すると、エージェントレスの「ホストベース」のバックアップと、「ゲストエージェント」によるバックアップがある。両者はどう違うのか。

[Scott D. Lowe,TechTarget]
画像

 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は過渡期の真っ只中だ。可能性を秘めたテクノロジーだと見なされていた時代は終わりつつあり、ミッションクリティカルなシステムを支えるテクノロジーへと進化している。より多く、より大きく、より重要なシステムを、レガシー環境からHCIに移行するようになるにつれ、HCIのバックアップをどうするかという課題の重要性がますます高くなる。こうした環境では、レガシー環境と同等かそれ以上のデータ保護機能を導入しなければならない。

 HCIは、データ保護分野に新たなチャンスと新たな課題をもたらした。HCI製品にデータ保護機能が搭載されるようになったのが新たなチャンスだ。一方、特定のHCIベンダーが設計したアーキテクチャの仕様の一部が、データ保護の業界標準になっていることが課題だと言える。

 時間の経過とともに、状況は少しずつ変化している。データ保護ベンダーは、関心の高まりに乗じてHCI向けに自社製品を進化させている。こうした中、IT担当者は自社のHCIに適切なデータ保護とバックアップをどう選択すればよいのだろうか。

データ保護の一般的な方法

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...