2019年11月15日 05時00分 公開
特集/連載

SalesforceがドローンとAIで挑むサメ襲撃対策プロジェクト「SharkEye」とは?「アメリカンリビエラ」の安全に貢献

カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)の海洋生物学者は、ドローンと「Salesforce Einstein Vision」を使って、ホホジロザメを監視するプロジェクト「SharkEye」に取り組んでいる。

[Sarah Amsler,TechTarget]
マイケル・ジョーンズ氏 米国カリフォルニア州サンタバーバラ海岸沖で見つかったサメの画像をチェックするプロジェクトメンバー。写真右はSalesforceのリサーチ担当シニアディレクター、マイケル・ジョーンズ氏《クリックで拡大》

 Salesforce(salesforce.com)のCEO、マーク・ベニオフ氏は、University of California, Santa Barbara(UCSB:カリフォルニア大学サンタバーバラ校)に「Benioff Ocean Initiative」を設立した。これは「アメリカンリビエラ」と呼ばれる、地中海性気候とスペイン風の街並みが特徴的なサンタバーバラの海岸を、もっと安全な場所にするための取り組みを進める組織だ。


 2019年6月には、Salesforceの人工知能(AI)サービス「Salesforce Einstein」のチームと、Benioff Ocean Initiativeなどが共同で取り組むプロジェクト「SharkEye」がスタートした。このプロジェクトは、UCSBの海洋生物学者がサメの移動パターンをリアルタイムかつ正確にモニタリングし、海水浴に訪れる人々の安全を守ることを目的としている。

 Benioff Ocean Initiativeのディレクターで、UCSB教授のダグラス・マコーリー氏によると、SharkEyeの価値は効率性と正確さだ。「このプロジェクトは、海で起きていることを理解するのに役立っている」とマコーリー氏は説明する。

Einstein Visionとドローンの目でサメを発見

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...