2019年11月26日 05時00分 公開
特集/連載

「Wi-Fi 6」をセキュアにする新技術「WPA3」「OWE」「Easy Connect」とは通信品質の向上だけではないメリット

「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)の登場は、無線LANのセキュリティを強化するだろう。どのような技術や規格があり、何に役立つのかを紹介する。

[Lee Badman,TechTarget]
画像

 無線LAN規格「IEEE 802.11ax」(無線LANの業界団体Wi-Fi Allianceの製品認証プログラム名称では「Wi-Fi 6」。以下、本稿ではIEEE 802.11axをWi-Fi 6と呼ぶ)の2020年の標準化完了に向け、着々と準備が進んでいる。その中で話題の大半を占めるのは速度と効率の向上だ。セキュリティについてはどう向上するのだろうか。

 あらゆる無線ネットワークのセキュリティは、その導入場面や状況に応じて変化する。例えば同じWi-Fi 6準拠の無線LANアクセスポイントであっても、ゲストとして利用するカフェの公共無線LANと、従業員が利用する企業LANは、機密データの処理に関するセキュリティ設定が異なることが一般的だ。

 Wi-Fi 6の導入に合わせ、幾つかの新しいセキュリティの選択肢が台頭する見通しだ。

WPA3

 無線LANの新たなセキュリティプロトコル「Wi-Fi CERTIFIED WPA3」(WPA3)の大規模企業向けモード「エンタープライズモード」(WPA3-Enterprise)では、認証機能と暗号化が強化される。現状、WPA3が選択肢となるのは一部の企業にとどまるが、認証規格「IEEE 802.1X」を利用するWi-Fi 6環境は「すぐに人気を得るだろう」と専門家は予測する。

 WPA3はその前身である「Wi-Fi CERTIFIED WPA2」(WPA2)よりも強化されており、最終的にWi-Fi 6の必須要素になる見込みがある。WPA3の個人や小規模事業者向けモード「パーソナルモード」(WPA3-Personal)を使うことで、個人利用向けのネットワークにも優れたセキュリティを導入できる。利用シーンを問わず、やがてさまざまなデバイスがWPA3を採用するようになるだろう。

OWE

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。