「サイバーセキュリティ保険」の3大タイプとは? 選定に失敗しないポイントサイバー攻撃のリスクに対処する

サイバーセキュリティ保険は、適切に選択すればリスクの軽減に大きな効果が期待できる。どの保険プランが自社に適しているか見てみよう。

2019年12月11日 05時00分 公開
[Andrew FroehlichTechTarget]

 保険は、現実世界のさまざまなリスクに対して存在する。データセキュリティの脅威に起因する大きなリスクに対して、企業がポリシーを策定することはごく自然なことだ。

 サイバーセキュリティ保険には豊富なオプションがある。企業はまず補償ポリシーのカバー範囲について、自社を直接狙ったサイバー攻撃のリスクのみを対象とするのか、取引先への攻撃にも適用するのかを決めるとよい。後者は加入企業が社内で管理するデータだけでなく、顧客データが取引先の管理下にある期間の攻撃もカバーする。

サイバーセキュリティ保険の3タイプ

 さまざまな保険会社が、サイバーセキュリティ保険に関するメニューを独自にパッケージ化して提供している。サイバーセキュリティ保険のタイプは主に次の3つに分類できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...