2019年06月27日 05時00分 公開
特集/連載

SaaSのサービス品質保証契約(SLA)について考える【後編】SaaSのSLA評価で気を付けたい「データ保護の責任」は誰にあるのか?

SaaSを比較検討するとき、サービス品質保証契約(SLA)の内容も重要な要素となる。SaaSベンダーとSLAを締結する際に確認すべきポイントを、カスタマイズ性とデータ保護の観点から紹介する。

[Alan R. Earls,TechTarget]
画像

 SaaS(Software as a Service)を使うことで、ユーザー企業はCPUやメモリといったコンピューティング、ストレージ、ネットワークなどの管理負担を軽減できる。だが、それは運用管理におけるベンダーへの依存度が高くなることを意味する。こうした状況でも安心して利用できるSaaSを選定するには、サービス品質保証契約(SLA)の内容を確認することが必要だ。

 今回は前編「SaaSのSLAで要確認 稼働率99.9%の根拠は? 返金されない条件は?」に引き続き、SaaSのSLAを評価する際に気を付けるべき4つのポイントのうち、残る2つを取り上げる。

ポイント3.SaaS特有のカスタマイズ性

 SaaSは一般的に、多様なニーズを満たすように設計されている。そのためユーザー企業はほとんどの場合、カスタマイズの必要なく、すぐにSaaSを導入できる。場合によってはエンドユーザーの属性によって、SaaSを段階的に利用できるようにすることが可能だ。

 Server StorageIO and UnlimitedIO(StorageIO)でシニアアドバイザリーアナリストを務めるグレッグ・シュルツ氏は、Googleのオフィススイート「G Suite」を例に挙げ「教育機関では学習者に基本バージョンの『G Suite』を、教員や研究者には、同サービスのもっと多くの機能を備えたバージョンを提供することができる」と話す。

 それでもSaaSをカスタマイズしたいと考える企業は少なからずある。SaaSのカスタマイズは総じて、オンプレミスのアプリケーションよりも容易だ。SaaSの基本的な特徴として、カスタマイズによる仕様変更のほとんどがバージョン間で持ち越される。この点がオンプレミスのアップグレードとは異なる。オンプレミスでは一般的に、アップグレードのたびにカスタマイズをやり直さなければならない。

 例えばSAPは、PaaS(Platform as a Service)の「SAP Cloud Platform」を通じて、同社の人事管理サービス「SAP SuccessFactors」に高度なカスタマイズ機能を提供している。企業はSaaSを評価する際、そのコストや言語サポートといった項目に加え、カスタマイズの機能を比較検討する必要がある。ただしカスタマイズ性は、SaaSのSLAに含まれないことが珍しくない。

ポイント4.データ保護のためのセキュリティとコンプライアンス

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...