「年収1000万円エンジニア」が狙えるクラウド資格とは特選プレミアムコンテンツガイド

コロナ禍でクラウドサービスの利用が広がる中、クラウドエンジニアのニーズが高まっている。こうした状況でクラウドエンジニアが求職活動を有利に進める手段が、クラウド認定資格の習得だ。注目資格を紹介する。

2021年02月04日 05時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 新型コロナウイルスの感染症(COVID-19)の影響でクラウドサービスへの導入が進む傾向にあるのと同時に、「Amazon Web Services」「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform」といった大手クラウドサービスを扱えるエンジニアの需要が高まりつつある。こうしたクラウドエンジニアの求職活動や給与の交渉をより有利にする可能性があるのが、各クラウドベンダーが提供する認定資格だ。

 数あるクラウド認定資格の中でも、より高い給与を見込める資格とは何なのか。本資料は、クラウドエンジニアとしての求職活動を有利にするための資格活用のヒントを説明する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

D2CとD2C Rが「docomo connecting path(コネパス)」計測タグを無料配布
D2CとD2C Rは、Cookieレス環境でもリターゲティング広告やオーディエンス分析が可能な新...

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...