2021年02月04日 05時00分 公開
特集/連載

「年収1000万円エンジニア」が狙えるクラウド資格とは特選プレミアムコンテンツガイド

コロナ禍でクラウドサービスの利用が広がる中、クラウドエンジニアのニーズが高まっている。こうした状況でクラウドエンジニアが求職活動を有利に進める手段が、クラウド認定資格の習得だ。注目資格を紹介する。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 新型コロナウイルスの感染症(COVID-19)の影響でクラウドサービスへの導入が進む傾向にあるのと同時に、「Amazon Web Services」「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform」といった大手クラウドサービスを扱えるエンジニアの需要が高まりつつある。こうしたクラウドエンジニアの求職活動や給与の交渉をより有利にする可能性があるのが、各クラウドベンダーが提供する認定資格だ。

 数あるクラウド認定資格の中でも、より高い給与を見込める資格とは何なのか。本資料は、クラウドエンジニアとしての求職活動を有利にするための資格活用のヒントを説明する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...