2021年10月05日 05時00分 公開
特集/連載

「クラウドネイティブ」の“本当のメリット”とは? DX推進の医療会社に聞くグローバル医療サービス会社のDX【後編】

グローバル医療サービス会社のBupaは、ITインフラのクラウドサービス移行を進め、オンプレミスデータセンターからの脱却を図っている。その理由とは

[Caroline Donnelly,TechTarget]

 Bupa HIは複数の国で医療保険の提供や病院・診療所の運営などを手掛けるグローバル医療サービス会社だ。Bupaは顧客に向けてパーソナライズした医療を提供するためのデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいる。その取り組みの一環で、国ごとにばらばらに導入していたMicrosoftのクラウドサービス同士の連携を進めている。中編「DX推進の医療会社を悩ませた『クラウドをグローバルで使う』ときの課題とは?」に続く本稿は、Bupaで最高技術および設計責任者を務めるダイアナ・ケネディ氏の話を基に、同社がITインフラのクラウドサービス移行を進める理由を深掘りする。

 これまで各国の拠点がばらばらに進めていたMicrosoftクラウドサービスの導入をグローバルで統一するBupaの取り組みは、まだ始まったばかりだ。ただしその速度は上がりつつあるとケネディ氏は説明する。

 「個人的に重要視することは、当社の医療に関する専門知識とMicrosoftのITに関する専門知識を結集し、命を救うことだ」とケネディ氏は話す。同氏によると、BupaとMicrosoftの関係の基盤となっているのが、Microsoftのクラウドサービス群「Microsoft Azure」だ。「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)からは、スピードとアジリティ(敏しょう性)が重要だということを学んだ。クラウドサービスによってそれらの要件が実現可能だ」(同氏)

クラウドネイティブがもたらす“あの効果”とは

ITmedia マーケティング新着記事

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...