“万能なAI”は環境に優しくない? 「用途特化AI」で十分な理由AIのエネルギー消費問題【後編】

AI技術の種類や使い方によって、環境に与える影響は変化する。企業が環境に配慮するには、何を念頭に置いてAI技術を活用すればよいのか。

2021年10月19日 05時00分 公開
[Mark LabbeTechTarget]

関連キーワード

データセンター | 環境保護


 AI(人工知能)技術の使い方や、使用するAI技術の種類によって、環境への影響度合いは変わる。目的に応じて、用途に特化したAI技術を選ぶことは有用だ。一方で選択するAI技術の種類によっては、より多くのエネルギーを消費する。

「万能AI」を求めない方がよい“環境的な理由”

 企業は「汎用(はんよう)性の高い高度なAIエンジンが必要だ」と考えがちだ。しかし「請求処理の自動化のように、限定的な課題を解決する場合に高度なAIエンジンは必要ない」と、調査会社Deep Analysisの創業者アラン・ペルツ・シャープ氏は言う。

 高度なAIエンジンを利用すると、高額のコストがかかるだけでなく、大量のデータも必要になり、カーボンフットプリントも大きくなる。特定の用途に特化したAIエンジンなら、汎用的なAIエンジンよりもはるかに少ないデータでトレーニングして、汎用的なAIエンジンと同様の精度で課題に対処できる。

 「専門分野に特化したAIエンジンは、使用するデータセットは少なくても、精度の高いデータでトレーニングされている」とペルツ・シャープ氏は説明する。これに対して広範な用途に使用するAIエンジンは、トレーニングに大量のデータを使用する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

AIを活用して広告クリエイティブの成果を予測 Macbee Planetが新モデルを開発
Macbee Planetは、AIを活用した広告クリエイティブの成果予測モデルを開発した。

news106.jpg

KDDIが取り組む3000万人規模のパーソナライゼーション データ基盤とAIの使いどころは?
AI時代のマーケターの悲願である「ハイパーパーソナライゼーション」に果敢に挑むのがKDD...

news046.jpg

ドクターペッパーが米炭酸飲料市場2位に躍進――ペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【後編】
「選ばれし者の知的飲料」として知られ、確固としたファンベースを築いたDr Pepper。新た...