2021年10月19日 05時00分 公開
特集/連載

“万能なAI”は環境に優しくない? 「用途特化AI」で十分な理由AIのエネルギー消費問題【後編】

AI技術の種類や使い方によって、環境に与える影響は変化する。企業が環境に配慮するには、何を念頭に置いてAI技術を活用すればよいのか。

[Mark Labbe,TechTarget]

関連キーワード

データセンター | 環境保護


 AI(人工知能)技術の使い方や、使用するAI技術の種類によって、環境への影響度合いは変わる。目的に応じて、用途に特化したAI技術を選ぶことは有用だ。一方で選択するAI技術の種類によっては、より多くのエネルギーを消費する。

「万能AI」を求めない方がよい“環境的な理由”

 企業は「汎用(はんよう)性の高い高度なAIエンジンが必要だ」と考えがちだ。しかし「請求処理の自動化のように、限定的な課題を解決する場合に高度なAIエンジンは必要ない」と、調査会社Deep Analysisの創業者アラン・ペルツ・シャープ氏は言う。

 高度なAIエンジンを利用すると、高額のコストがかかるだけでなく、大量のデータも必要になり、カーボンフットプリントも大きくなる。特定の用途に特化したAIエンジンなら、汎用的なAIエンジンよりもはるかに少ないデータでトレーニングして、汎用的なAIエンジンと同様の精度で課題に対処できる。

 「専門分野に特化したAIエンジンは、使用するデータセットは少なくても、精度の高いデータでトレーニングされている」とペルツ・シャープ氏は説明する。これに対して広範な用途に使用するAIエンジンは、トレーニングに大量のデータを使用する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news147.jpg

DX遅れまくり業界における挑戦 アステラス製薬が“脱プロモーションサイト”に向けてやったこと
DXが遅れがちなヘルスケア領域だが、顧客(医療従事者と、その先にいる患者)のニーズに...

news127.jpg

業界特化型CDPソリューション「DOMA」 電通デジタルが提供開始
独自に構成したテンプレートを使って業界特化型の汎用パッケージを開発。迅速かつ低コス...

news107.jpg

マーケターこそ今知るべき「インクルージョン」について
世界的な広告会社のグローバルCMOにして社会活動家でもあるアシシュ・パラシャール氏が、...