2021年11月05日 13時00分 公開
特集/連載

「HDD」なぜ使われる? HAMRやMAMRで進化、“普通じゃないHDD”「OptiNAND」もトレンドキーワードピックアップ

企業ITを取り巻くホットなキーワードの関連記事を紹介する「トレンドキーワードピックアップ」。今回は主要なストレージである「HDD」に関する記事を取り上げます。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

プログラミング


 「SSD」(ソリッドステートドライブ)をはじめとするフラッシュストレージが人気を集める中、いまだに進化を続けながら広く使われ続けているストレージが「HDD」です。今回はこれまでに公開したTechTargetジャパンの記事の中から、HDDに関する記事をピックアップして紹介します。

プレミアムコンテンツ(無料PDFブックレット)

「SSD」に変えるか、「HDD」を使い続けるかの見極め方《クリックで無料ダウンロード》

SSDとHDDそれぞれに技術進化が進んでいる。特定の要件を満たすために、最適なストレージを選択することが重要な時代になってきた。両者の使い分けのポイントとは。

ダウンロードはこちら

連載:HDDの進化に挑むWestern Digitalの一手

前編:“普通のHDD”でも“ハイブリッドHDD”でもない「OptiNAND」の謎 50TBも視野?《クリックで記事を表示》

Western DigitalがHDDにフラッシュメモリを搭載する新しいストレージアーキテクチャを明らかにした。これは単なるハイブリッドHDDではないという。何が決定的に違うのか。

後編:20TBのHDDを生んだ「OptiNAND」が“普通のHDD”や“DRAM”とは違う点《クリックで記事を表示》

「OptiNAND」とは、Western Digitalが発表したフラッシュメモリを搭載する新たなHDDの設計だ。これがHDDにどのようなメリットとデメリットをもたらすのか。他のHDDやDRAMとの違いも交えて紹介する。

その他の「HDD」関連記事

「HDD」にまだ期待したくなる記録技術「PMR」「SMR」「HAMR」「MAMR」の基礎《クリックで記事を表示》

「HDD」を忘れ去るのはまだ早い。「MAMR」や「HAMR」のようなデータの記録密度を高めるデータ記録方式の登場で、HDDは引き続き競争力を発揮する可能性がある。HDDの主要なデータ記録方式をおさらいしよう。

HDDやSSDのデータを安全かつ完全に消すには? 適切な処分の方法は?《クリックで記事を表示》

ネットワークに接続したストレージだけではなく、運用を停止したストレージからもデータは漏れるリスクがある。安全にストレージを処分するにはどうすればいいのか。

3DやQLCのフラッシュメモリに隠れて「HDD」が使われ続ける理由《クリックで記事を表示》

NAND型フラッシュメモリの価格は緩やかに上昇して緩やかに下がる。変動要因の一つは需要の変化だ。大容量HDDとSSDなどフラッシュストレージの置き換えが進むのかどうかが鍵になる。

ITmedia マーケティング新着記事

news147.jpg

DX遅れまくり業界における挑戦 アステラス製薬が“脱プロモーションサイト”に向けてやったこと
DXが遅れがちなヘルスケア領域だが、顧客(医療従事者と、その先にいる患者)のニーズに...

news127.jpg

業界特化型CDPソリューション「DOMA」 電通デジタルが提供開始
独自に構成したテンプレートを使って業界特化型の汎用パッケージを開発。迅速かつ低コス...

news107.jpg

マーケターこそ今知るべき「インクルージョン」について
世界的な広告会社のグローバルCMOにして社会活動家でもあるアシシュ・パラシャール氏が、...