Apple、Google、Microsoftが推すパスワードレス認証「FIDO2」とは?「FIDO2」にApple、Google、Microsoftが本腰【前編】

パスワードの要らない世界の実現を目指し、Apple、Google、Microsoftはパスワードレス認証技術「FIDO2」の活用に力を入れる。FIDO2は何を可能にするのか。このほど3社が打ち出した計画とは。

2022年06月16日 05時00分 公開
[Kyle JohnsonTechTarget]

 Apple、Google、Microsoftの3社は2022年5月5日(米国時間)、認証関連の業界団体FIDO Allianceが推し進めているパスワードレス認証技術「FIDO2」を積極的に取り入れる計画を発表した。ユーザーは、3社のモバイルデバイス向けOSやPC向けOS、Webブラウザをシームレスにパスワードレス認証で利用できるようになる。

「FIDO2」の基礎知識 ユーザーが享受できるメリットとは?

 FIDO Allianceは、パスワードを使わずに本人認証ができるFIDO2を2018年に公開した。2019年、インターネット技術の標準化団体「World Wide Web Consortium」(W3C)はFIDO2の仕様を基に、パスワード不要の認証技術「WebAuthn」(Web Authentication)を標準化した。ITベンダーはWebAuthnを使えば、自社製品に安全なパスワードレス認証を実装できる。

 2019年はGoogleのOS「Android」の他に、「Safari」「Google Chrome」「Microsoft Edge」など主要WebブラウザがFIDO2認定を取得。2020年1月にはAppleのOSである「iOS」も仲間入りした。FIDO Allianceでエグゼクティブディレクター兼最高マーケティング責任者(CMO)を務めるアンドリュー・シキア氏は、「iOSもFIDO2認定を取得したことが、FIDO2によるパスワードレス認証の広がりを象徴するマイルストーンになった」と述べる。

 FIDO2によるパスワードレス認証にはユーザーの不満を招く課題もあった。異なるOSで動作するデバイスやアプリケーションごとに、認証に登録しなければならなかったことだ。Apple、Google、Microsoftの今回の計画は、複数回の登録をする手間を省くことを目指している。ユーザーは1台のデバイスを登録すれば、承認した任意のアプリケーションやデバイスで「FIDO認証資格情報」(パスキー)を共有できるようになる。

 これにより、ユーザーは特定のベンダーやシステムを問わず、デバイスを1台登録すれば、2台目以降の登録を簡略化できる。パスワードを覚える必要がなく、生体情報かデバイスのPIN(Personal Identification Number)を使ってデバイスやアプリケーションの認証が可能になる。


 後編は、今回Apple、Google、Microsoftが打ち出した計画の詳細を説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...