“サブスクRoomba”爆誕か? AmazonのiRobot買収で何が変わるのかAmazonのiRobot買収は喜劇か悲劇か【第4回】

Amazon.comがロボット掃除機「Roomba」で知られるiRobotを買収した。この買収によって、Amazon.comはRoombaを利用した“あるビジネスモデル”の確立を狙っていると専門家は考えている。それは何なのか。

2022年10月25日 08時15分 公開
[Makenzie HollandTechTarget]

関連キーワード

Amazon | スマートデバイス


 2022年8月、Amazon.comはロボット掃除機「Roomba」の製造元であるiRobotを買収することで合意した。このM&A(買収・合併)の狙いについて、専門家はどう見ているのか。

AmazonのiRobot買収で“サブスクRoomba”が誕生か

 調査会社Gartnerのアナリスト、ビル・レイ氏は、安定した売り上げを必要とする企業にとって、サブスクリプションがますます重要になっていると説明する。そのため「iRobotの買収後、Amazon.comがRoombaの提供形態を買い切りからサブスクリプションに変える可能性がある」とレイ氏は考える。Roombaのサブスクリプションサービスでは、新しいブラシなどの交換部品を自動送付するといったことが考えられるという。

 iRobotの買収は、スマートドアベル「Amazon Ring」や音声アシスタント「Alexa」の搭載端末といったAmazon.comの既存のスマートホーム製品、そして同社の今後のスマートホーム製品戦略全般にとって自然な延長線上にある――。コンサルティング会社Deep Analysisの創業者アラン・ペルツシャープ氏は、こう主張する。「少なくとも理論上は、Amazon.comはスマートホーム製品を幅広く取り扱う望ましい選択肢になる」(ペルツシャープ氏)

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news014.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年5月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...

news096.jpg

Googleの「サーチトランスフォーメーション」で広告はどう変わる?
Googleは広告主向けの年次イベント「Google Marketing Live 2024」において、広告やコマ...