「コーディングがうまい無口なプログラマー」はもういらない当事者が語る「女性開発者の増やし方」【中編】

「Go」「Python」「Java」に精通するゼニア・キム氏は、ソフトウェア開発者を目指す人は「優れたコーダーになる必要はない」と言い切る。その真意とは。

2022年10月28日 10時00分 公開
[Aaron TanTechTarget]

 ソフトウェア開発者を目指す動機は、人によってさまざまだ。企業や消費者の役に立つものを生み出したい人もいれば、問題を解決するスリルを味わいたい人もいる。バックアップソフトウェアベンダーAcronisの開発者、ゼニア・キム氏の場合は後者だ。キム氏は2020年に米国のデジペン工科大学(DigiPen Institute of Technology)を卒業し、コンピュータサイエンスとゲームデザインの学位を取得した。

否定できない「コーディング力よりコミュ力」の時代

 キム氏は次のように話す。「私は問題を解決し、さまざまなプロジェクトで画期的な解決策を考え出すのが好きだ。プログラミングはそれを可能にする」。デジペン工科大学では、同氏は問題を抱える友人に解決方法を教えていたという。

 技術に関するスキル以外にも、優れたコミュニケーションスキルがソフトウェア開発者には欠かせない。ソフトウェア開発はチームスポーツと似ている。特にDevOps(開発と運用の融合)を採用しているチームでは、コミュニケーションスキルが重要だ。キム氏はDevOpsチームの一員ではないものの、「自身が迷った場合には他のメンバーに助けを求めるためのコミュニケーション能力が必要だ」と語る。

 「非常に無口で、誰にも頼らずに物事を理解し、解決しようとする人がいる。こうした姿勢は理想的ではない」。「Go」「Python」「Java」などのプログラミング言語に精通しているキム氏は、こう話す。「優れたコーダーではなくとも、優れたコミュニケーターになる必要がある」(同氏)

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...