Uberが「OCI」を選んだ理由とは? “他のクラウド”とは何が違ったのかUberの成長を支えるクラウド戦略【後編】

配車サービスやフードデリバリーサービスを提供するUberは、システムを支えるインフラにOracleのクラウドサービスを採用。Oracleのクラウドサービスは何が魅力的だったのか。

2023年04月11日 05時00分 公開
[Caroline DonnellyTechTarget]

 配車サービスを提供するUber Technologies(以下、Uber)は、同社のビジネスやイノベーションを支えるシステムを構築するため、Oracleのクラウドサービスを利用する。どのような点が魅力だったのか。

Uberが「Oracleのクラウド」を選んだ理由はこれだ

 「Uberは人や製品、サービスが大陸間、都市間を移動する方法に革命をもたらしている」。そう語るのは、UberのCEOダラ・コスロシャヒ氏だ。

 株主と顧客の双方に利益をもたらすため、Uberはインフラ関連のコスト削減と、イノベーションの加速を支援してくれるクラウドベンダーを必要としていた。「Oracleは、価格や品質、柔軟性、セキュリティ面において理想的なサービスを提供し、当社が優れたカスタマーサービスや新製品を提供したり、収益を拡大したりするのを支援してくれる」(コスロシャヒ氏)

 UberとOracleは2023年2月に、7年間の戦略的パートナーシップ締結を発表。UberはOracleのクラウドサービス群「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)を用いて、インフラを最新化し、新サービスを市場に投入するまでの時間を短縮する。それだけでなく、OracleはUberが提供する、法人向けの配車サービスやフードデリバリーサービス「Uber for Business」が利用可能になる。

 OracleのCEOサフラ・キャッツ氏は次のように語る。「Uberは『どこにいても、何でも手に入るサービス』の提供を実現するため、事業拡大を続けている。同社は、絶え間ないイノベーションを支援できるクラウドベンダーを必要としていた」

 Uberとパートナーシップを締結したことは、クラウドサービス市場におけるOracleの勢いを示しているとキャッツ氏は強調する。「世界中の企業や政府は、OCIと他の主要クラウドベンダーが提供するサービスとの違いを認めており、特にその品質やセキュリティ面、コスト面でメリットを感じている」(同氏)

 UberとOracleは今回のパートナーシップの一環として、以下にも取り組むという。

  • ラストワンマイル(顧客に直接商品を届ける最後の区間)の物流サービスにおけるカスタマーエクスペリエンス(CX)の強化
  • 小売りやデリバリー市場への新サービスの投入

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...