「ChatGPT」と「Bard」は何が違う? AIチャットbotの“2大巨頭”を中身で比較「ChatGPT」と「Bard」はどう違うのか【後編】

AIチャットbot「ChatGPT」と「Bard」が登場しているが、ユーザーはどちらを使えばいいのか。一見して同じようだが、決定的な違いもあるChatGPTとBardを比較する。

2023年05月10日 08時15分 公開
[Amanda HetlerTechTarget]

 テキストや画像などを自動生成する人工知能(AI)技術「ジェネレーティブAI」(生成型AI)のうち、ベンダーの動きが特に活発なのが、対話形式で情報収集ができるAIチャットbotだ。代表的なAIチャットbotとして、AIベンダーOpenAIの「ChatGPT」と、Googleの「Bard」がある。この2つは、機能は似ているものの、実は決定的な違いがある。それは何なのか。

基本機能は同じだが……「ChatGPT」と「Bard」は“ここ”が違う

 エンドユーザーが質問(プロンプト)を入力して、対話形式で回答を得る――。こうした基本的な仕組みは、ChatGPTとBardの間に大差はない。

 ChatGPTとBardの主な違いは、データソースにある。Bardはインターネットから継続的に情報を収集し、回答の生成に最新情報を使うようにしている。ChatGPTのデータソースは2021年までとなり、それ以降の情報を反映していない。最新情報を求めるエンドユーザーにはBardが適していると言える。

 自然言語処理(NLP)モデルとして、ChatGPTはOpenAIが開発した「GPT-3.5」「GPT-4」(GPT=Generative Pre-trained Transformer)、Bardはオープンソースの「LaMDA」(Language Model for Dialogue Applications)を使用している。LaMDAは文中や単語間のパターンを見つけ、精度の高い回答を生成できるよう設計されているという。

 AIチャットbotは他にもある。例えば

  • Writesonicの「ChatSonic」
  • Jasper AIの「Jasper」
  • LAIONの「Open Assistant」
  • AI21 Labsの「Wordtune」

などが登場している。これらに加えて中国の検索エンジン大手Baidu(百度)は2023年3月、AIチャットbot「ERNIE Bot」(中国名:文心一言)を発表した。これらのAIチャットbotは“おもちゃ”ではなく、カスタマーサービスや製品レコメンド、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)マーケティングなど、ビジネスのさまざまな分野での活用が進むとみられる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...