2012年08月31日 08時00分 UPDATE
特集/連載

【IFRS】プロジェクト成功の切り札「PMO」活用法【第5回】プロジェクトを成功させる5つのリスク管理工程

プロジェクトにつきまとうリスク。事前に想定し得るリスクを洗い出し、適切に対応することでプロジェクトへの影響度合いを下げることができる。IFRS適用など難易度の高いプロジェクトでは特にそのリスク管理が重要になる。リスク管理体制を構築するポイントを解説する。

[吉松友弘,アクセンチュア]

 前回「プロジェクト運営の難所はこうして乗り越える」まで述べてきたように、今日のプロジェクト運営は多岐にわたるビジネスニーズへの対応、短期間・低コストでの導入、日々進化する技術への対応などが求められるため、より難易度が高くなってきている。ほとんどのプロジェクトでは計画段階で多くのリスクを内包しており、このリスクを適切に取り扱わずに、大量に発生する課題をただやみくもにつぶしていくだけでは、品質・コスト・スケジュールがどのような結果となるのか予測することはできない。このような難易度の高いプロジェクト運営において、プロジェクトのゴールを定量的に予測するためには、リスクを網羅的に洗い出し、計画的に管理する事がプロジェクトの成否を握っている。

 当初からリスクがあると周囲から思われていたにもかかわらず、問題が顕在化されるまでアクションが取られないプロジェクトは思っているより多いのではないか? こういった事例の原因を究明していくと、リスクを挙げられない現場、リスクを抱え込む中間管理層、リスクを聞きたがらない経営層といった問題点が明らかになってくる。多くの場合、リスク管理はツールやプロセスという仕組みだけでなく、組織に根差す風土・文化にかなりの影響を受ける。

 本稿ではプロジェクト成功のためにリスク管理をどのように進めるのかポイントを示したい。

リスク管理に必要な組織の役割(土壌)

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...