事例で見る、プロジェクト別PMO使いこなし【IFRS】プロジェクト成功の切り札「PMO」活用法【第2回】

第1回で説明したようにPMOの役割はさまざまだ。その役割はプロジェクトの特性によって変わり、プロジェクト管理スキルにとどまらず、業務・システム開発の知識や調整・問題解決スキルが必要とされる。連載第2回では具体的な事例を基にユーザー企業にとってのPMO活用法を解説しよう。

2012年05月29日 08時00分 公開
[福島毅,アクセンチュア]

 前回は、企業におけるプロジェクト運営の難易度が高まる中、プロジェクトを成功に導くためのプロジェクトマネジメントオフィス(以下 PMO)の在り方について、プロジェクトの特性に応じて求められる役割、類型を中心に考察した。今回は、実際にPMOとして参画した事例に基づき、プロジェクトの置かれた状況に応じて、具体的にPMOがどのような役割を果たしたのか紹介したい。

事例1 システム開発プロジェクトPMO/テーマ別検討支援PMO 〜ユーザー主導のシステム開発プロジェクト(製造業A社)

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...