2014年01月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

顧客体験の個別化が進む小売業界eコマースの将来を握る技術要素とは

eコマースに関連する機能や技術は急速に進化している。モバイルや位置情報、ソーシャルネットワークなどをうまく活用することで、ターゲットを細かく絞った顧客体験を提供し、新たな商機を生み出すことができる。

[Brian K. Walker,TechTarget]

 Webは既に消費者の生活に深く入り込んでおり、今後も浸透が進んでいく――。ホリデーショッピングシーズンにおける消費者の購買行動からも明らかだ。

 米国では、年末商戦期の初日とされるブラックフライデー(11月第4木曜日に当たる「感謝祭」の翌日)のモバイル端末による売り上げが急増している。繁華街に軒を連ねる小売店や量販店が追い込みを掛けている一方で、eコマースサイトではアクセス数も売り上げも急激に伸ばしているのだ。

 われわれは現在、非常に変化の激しい時代に生きている。顧客の期待は変化し、eコマースに関連する機能やテクノロジーは急速に進化を続けている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...