TechTargetジャパン

レポート
IBM Global CEO Study 2010 Japan Report 日本企業の特徴
 世界のCEOが、現状をどのようにとらえ、未来をどのように見て、何に挑戦しようとしているのか。それを理解するために、CEOの皆さまに直接インタビューを行っている。これは、この種の調査としては史上最大規模のものである。今回の「I B M Global CEO Study 2010」は、2...(2011/3/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
クラウドメインで成長率2倍 “第3のプラットフォーム”が握るチャンス
 世界的なパブリックITクラウドサービス(SaaS、PaaS、IaaSなど)の収益は、2019年までに1412億ドルへ達するとIDCは予測している。これはIT支出全体の増加率に対して6倍近い。大多数のCIOがクラウドファースト戦略に進み、その市場は2020年までに5000億ドル規模に広がる...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月19日号:新CEOは迷走するMicrosoftを救えるか?
 Computer Weekly日本語版 3月19日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftの新CEOサトヤ・ナデラ氏に集まるIT業界の期待と課題 Microsoftの3代目CEOに就任したサトヤ・ナデラ氏。同氏は迷走中のMicrosoftを再生できるのか? IT業界各所から、Microsoftとナデ...(2014/3/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月7日号:Nano Server投入に見るMSの思惑
 Computer Weekly日本語版 5月7日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoft「Nano Server」はなぜ生まれなければならなかったのか 2015年3月に存在が明らかとなった、MicrosoftのNano Server。Microsoftの戦略とコンテナ化が進む市場動向から、同OSがなぜ必要...(2015/5/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
CEOのための「企業が目指すべきセキュリティ5つの指針」
 有名企業を狙ったサイバー犯罪は増加の一途をたどっている。サイバー犯罪は「低リスクでうまみが大きい」といわれ、大量の重要データと顧客情報が盗まれ、企業に多大な影響を与えている。サイバー犯罪による年間損害額は全体で4000億ドルを超えるというデータもあり、こ...(2015/2/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
CEOに伝えたい、「全産業デジタル化」の真のインパクト
 消費者向けの製品やサービスでは、モバイルやソーシャルを活用したマーケティングや販売促進活動が活発化してきた。しかし、デジタル化はマーケティングや販促だけの問題ではない、また消費者向けにとどまらず、あらゆる産業において既存の製品やサービスを脅かすほどの...(2013/10/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
繰り返し可能な業務は必ず存在する、クラウドの成功は長期視点で最適化から
 ITソリューションプロバイダーが避けては通れないクラウドへの移行。先行コストが売上高を減少させてしまう点は課題となりやすい。しかしIDCの調査によれば、クラウド事業を継続している時間に比例して、粗利益や収益の伸びは大幅に改善されていくことが多いという。 ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
顧客の過半数は「営業と話す前に購入判断済み」 変化を迫られる販売戦略
 B2Bのソリューションや製品を導入する際は「営業担当者に連絡する前に調査を行い、購入を決めている」場合が65%を占めていた。つまり、ITソリューションプロバイダーと顧客が接触したときには、すでに購入判断が済んでいるケースが多いとIDCが報告している。 顧客にリ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
ハリウッドでも身代金被害 ランサムウェアの仕組みと対処方法を理解する
 2016年2月、ロサンゼルスのHollywood Presbyterian Medical Centerは、ランサムウェアでコンピュータネットワークを侵害し無効化したハッカーに、およそ1万7000ドルの身代金(ランサム)を支払った。2月5日に、従業員が病院のネットワークおよび電子医療記録システムに...(2017/1/6 提供:Intel Security)

レポート
遠隔地とのビデオ会議で経験した問題トップ10、調査で明らかになった原因と対策
 部門、地域、業種を越え、さまざまな“距離”の問題を解決し、遠隔地とのコラボレーションを可能とする「ビデオ会議」。その効果は出張費の削減にとどまらず、生産性の向上、意思決定の迅速化、製作プロセスの合理化、顧客満足度の向上、営業サイクルの加速など広範囲に...(2016/9/5 提供:ポリコムジャパン株式会社)

レポート
生涯顧客の育成という視点、クラウドの成功は長期的な二人三脚の関係
 クラウドサービスはもはやスタンダードである。企業の80%がクラウドを導入し、「関心がない」という回答は8%にとどまった、というIDCの調査報告がこれを裏付けている。目新しさの時期は過ぎ、高い価値を実際に生み出すタイミングに来ている。 ITソリューションプロバ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
老舗損保会社が、迅速で効果的な意思決定を実現した「セルフサービス分析」とは?
 160年の歴史を持つ米国の老舗損害保険会社Westfield Insuranceは、保険市場で競争力を維持するために、全てのレベルの従業員が、迅速で効果的な意思決定を行うための情報を自分で得られるようにしたいと考えた。CEOの後押しもあり、同社はBI、分析、データガバナンスを...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
100年以上変わらなかった「タイムレコーダー」が、新しいビジネスを生む日
 「タイムレコーダー」といえば、出社時にその時間を記録して、帰宅時にまた記録して……それ以上でもそれ以下でもない。そう思う方も多いのではないだろうか。 そのタイムレコーダーの歴史を調べてみると、19世紀に発明された後、かれこれ100年ほど基本的な仕組みが同...(2016/8/31 提供:KDDI株式会社)

レポート
「このままだと企業の4割が消える」――経産省が“攻めのIT”を後押しするワケ
 「10年後までに、今ある企業の4割は姿を消す」Cisco SystemsのチェンバースCEOが発して話題になった言葉である。ビッグデータやIoTなど、ITの発展とともに企業の競争環境が大きく変化している今、IT活用への姿勢が企業の生死を分けるといわれる時代が到来している。 経...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化の導入準備から運用まで、メリットを最大化するポイントは?
 ネットワーク仮想化には、まず自社のネットワークアーキテクチャをあらためて把握することが欠かせない。スイッチ管理の省力化、人的資産の有効活用などへの期待から、すぐに導入検討へ入るケースも目立つが、事前準備として、何度も試験的な運用を行い、メリット最大化...(2016/9/7 提供:株式会社日立製作所)

レポート
クラウドサービス4社対決、パートナーから最も評価されたのは?
 コンサルタント企業のAMI-Partnersでは、主要な4社(Amazon.com、Google、Microsoft、Salesforce.com)のクラウドサービスプロバイダーを対象に、パートナーの評価や収益性を中心にインタビューを行った。その結果、さまざまな項目で評価が高かったサービスプロバイダー...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
2つのキーワードが事業を変える 成功企業のインタビューが示した道筋
 クラウドサービスで成功している企業へのインタービューで明らかになったことの1つが「テクノロジーや事業の特化」だとIDCは報告している。その分野は製造業や銀行業などの業種、会計や人事、マーケティング業務、あるいはシステム管理やERPなど多岐にわたり、特化を進...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Webキャスト
国内イベント初登壇、SoftLayer CEOが語る「妥協のないクラウド」とは?
 IBMは2014年1月にグローバルでクラウドのデータセンターを拡充すると発表、2014年内に日本をはじめ、世界15カ所でデータセンターを開設する計画を明らかにしていたが、そのサービス開始が目前に迫っている。 本コンテンツは、IBM Cloudのグローバルデータセンターの日...(2014/11/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
マザーズ上場を成功させたCEOが語る「成長企業が実践するべきERP活用術」とは?
 「秘密結社 鷹の爪」や「パンパカパンツ」などのキャラクターを活用したマーケティングを手掛けるディー・エル・イー。同社はエンタテインメントビジネスにおいてヒット商品を生み出すことを追求してきたが、一方でプロジェクトごとの収支やキャラクターごとの利益率な...(2014/9/1 提供:株式会社オロ)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

市場調査
ボーダフォンによる「IoT 普及状況調査レポート 2016」公開
 本資料「2016年度版ボーダフォン IoT 普及状況調査レポートは、ボーダフォンが委託した英国のCircleResearch社が、グローバル規模で実施したものである。 IoT普及・利用に関して、9つの主要業界のビジネスリーダー1,100名へのインタビュー調査結果をまとめた。また、Io...(2016/10/18 提供:ボーダフォン・グローバル・エンタープライズ)

技術文書
エボラ出血熱や炭疽菌などの病原菌検出プラットフォームを、高確度で高速に開発できた理由に迫る!!
エボラ出血熱や炭疽菌といった人類を脅かす病原菌は、いまなお世界中にまん延しています。そうした病原菌を正確に診断し検出することは、人類が病原菌の脅威に対抗できる重要なファクターです。猛威をふるう病原菌に対し、高確度で高速な病原菌検出プラットフォームを短期...(2017/1/16 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
Windows 10 Anniversary EditionでIT部門が悲鳴を上げる理由
新世代のWindowsが登場すると、個人ユーザーは積極的に導入する一方で企業ユーザーは導入に消極的になる。IT的好奇心が旺盛な個人ユーザー、特にパワーユーザーは新しいOSに導入した新しい機能をいち早く試してみたい。その結果、今使っているシステムに不具合が生じたと...(2017/1/14 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
インサイドセールス成功の3条件――リード獲得と商談創出の仕組みはどう作る?
 近年は、営業活動を効率化するために科学的なアプローチの採用が進んでいる。その代表的な手法である「インサイドセールス」では、営業活動を分業化し、非訪問の営業活動における「業務オペレーション」「人材」「管理」の全てを制度化/ルール化する。 これにより目指...(2017/1/11 提供:株式会社WEIC)

製品資料
テレワークの情報漏えい対策、外部パートナーに共有したファイルも暗号化/追跡
 現在、国が主導する「働き方改革」と歩調を合わせて、多くの企業でワークスタイルの多様化が進められている。この取り組みを成功させるためには、テレワーカーに安全なファイル共有環境を提供する必要があるが、従来の方式にはさまざまな課題がある。 例えば、社内サー...(2017/1/10 提供:アイドック株式会社)

製品資料
box/Google Drive/Dropboxで“共有後”のファイル流出を防ぐには?
 企業が外部のパートナーとの連携を進める上で、ファイルの持ち出しや共有の手段は欠かせない。しかし、そのために導入が進むクラウド型ファイル共有サービスは、有用なコラボレーション機能を備える反面、情報漏えいのリスクも伴う。 これらのサービスでは共有後の情報...(2017/1/10 提供:アイドック株式会社)

製品資料
ERP/CRM/Eコマースを統合、クラウド型基幹システムが業務を変える6つの理由
 分業化が進んだ現在のビジネスは、顧客管理や在庫管理、会計、営業支援、Eコマース、人事管理などを行うさまざまなシステムによって支えられている。従来は、これらを独立して運用し、分散したマスターデータやトランザクションデータの同期・連携を図ってきた。 その...(2017/1/5 提供:Shearwater Japan株式会社)

プレミアムコンテンツ
「センサー」「仮想化」「フォグ」の視点からIoTを再考する
 モノのインターネット(Internet of Things:IoT)が必須事項の1つとしてその地位を確立するにつれ、その基本概念に注目するシステム・アーキテクトが増加しています。そのなかで専門家は、IoTの「構造」に対して厳しい視線を送っています。IoTを「全てがインターネット...(2016/12/9 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
病院経営はIoTと自動化で変わる――先行事例に見る「未来の医療業務」
 医療機関におけるIoT(モノのインターネット)は、在庫管理用システムとして既に地位を確立しつつあるが、患者や医療スタッフの位置情報把握、さらには生体情報の遠隔モニタリングといった分野にも広がりを見せ、患者満足度の向上につながっている。また医療業界でのロ...(2016/12/8 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
8カ国調査で分かった「深刻なセキュリティ人材不足」 打開策を4つの側面で考える
 サイバー攻撃が多発する現在、世界規模で深刻なセキュリティ人材不足が叫ばれている。50年にわたって活動する非営利団体、戦略国際問題研究所の調査によると、調査対象とした8カ国(オーストラリア、フランス、ドイツ、イスラエル、日本、メキシコ、英国、米国)がスキ...(2016/12/7 提供:Intel Security)

Loading