TechTargetジャパン

レポート
IBM Global CEO Study 2010 Japan Report 日本企業の特徴
 世界のCEOが、現状をどのようにとらえ、未来をどのように見て、何に挑戦しようとしているのか。それを理解するために、CEOの皆さまに直接インタビューを行っている。これは、この種の調査としては史上最大規模のものである。今回の「I B M Global CEO Study 2010」は、2...(2011/3/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月19日号:新CEOは迷走するMicrosoftを救えるか?
 Computer Weekly日本語版 3月19日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftの新CEOサトヤ・ナデラ氏に集まるIT業界の期待と課題 Microsoftの3代目CEOに就任したサトヤ・ナデラ氏。同氏は迷走中のMicrosoftを再生できるのか? IT業界各所から、Microsoftとナデ...(2014/3/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月7日号:Nano Server投入に見るMSの思惑
 Computer Weekly日本語版 5月7日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoft「Nano Server」はなぜ生まれなければならなかったのか 2015年3月に存在が明らかとなった、MicrosoftのNano Server。Microsoftの戦略とコンテナ化が進む市場動向から、同OSがなぜ必要...(2015/5/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
CEOのための「企業が目指すべきセキュリティ5つの指針」
 有名企業を狙ったサイバー犯罪は増加の一途をたどっている。サイバー犯罪は「低リスクでうまみが大きい」といわれ、大量の重要データと顧客情報が盗まれ、企業に多大な影響を与えている。サイバー犯罪による年間損害額は全体で4000億ドルを超えるというデータもあり、こ...(2015/2/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
CEOに伝えたい、「全産業デジタル化」の真のインパクト
 消費者向けの製品やサービスでは、モバイルやソーシャルを活用したマーケティングや販売促進活動が活発化してきた。しかし、デジタル化はマーケティングや販促だけの問題ではない、また消費者向けにとどまらず、あらゆる産業において既存の製品やサービスを脅かすほどの...(2013/10/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
遠隔地とのビデオ会議で経験した問題トップ10、調査で明らかになった原因と対策
 部門、地域、業種を越え、さまざまな“距離”の問題を解決し、遠隔地とのコラボレーションを可能とする「ビデオ会議」。その効果は出張費の削減にとどまらず、生産性の向上、意思決定の迅速化、製作プロセスの合理化、顧客満足度の向上、営業サイクルの加速など広範囲に...(2016/9/5 提供:ポリコムジャパン株式会社)

事例
老舗損保会社が、迅速で効果的な意思決定を実現した「セルフサービス分析」とは?
 160年の歴史を持つ米国の老舗損害保険会社Westfield Insuranceは、保険市場で競争力を維持するために、全てのレベルの従業員が、迅速で効果的な意思決定を行うための情報を自分で得られるようにしたいと考えた。CEOの後押しもあり、同社はBI、分析、データガバナンスを...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
100年以上変わらなかった「タイムレコーダー」が、新しいビジネスを生む日
 「タイムレコーダー」といえば、出社時にその時間を記録して、帰宅時にまた記録して……それ以上でもそれ以下でもない。そう思う方も多いのではないだろうか。 そのタイムレコーダーの歴史を調べてみると、19世紀に発明された後、かれこれ100年ほど基本的な仕組みが同...(2016/8/31 提供:KDDI株式会社)

レポート
「このままだと企業の4割が消える」――経産省が“攻めのIT”を後押しするワケ
 「10年後までに、今ある企業の4割は姿を消す」Cisco SystemsのチェンバースCEOが発して話題になった言葉である。ビッグデータやIoTなど、ITの発展とともに企業の競争環境が大きく変化している今、IT活用への姿勢が企業の生死を分けるといわれる時代が到来している。 経...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化の導入準備から運用まで、メリットを最大化するポイントは?
 ネットワーク仮想化には、まず自社のネットワークアーキテクチャをあらためて把握することが欠かせない。スイッチ管理の省力化、人的資産の有効活用などへの期待から、すぐに導入検討へ入るケースも目立つが、事前準備として、何度も試験的な運用を行い、メリット最大化...(2016/9/7 提供:株式会社日立製作所)

Webキャスト
国内イベント初登壇、SoftLayer CEOが語る「妥協のないクラウド」とは?
 IBMは2014年1月にグローバルでクラウドのデータセンターを拡充すると発表、2014年内に日本をはじめ、世界15カ所でデータセンターを開設する計画を明らかにしていたが、そのサービス開始が目前に迫っている。 本コンテンツは、IBM Cloudのグローバルデータセンターの日...(2014/11/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

市場調査
ボーダフォンによる「IoT 普及状況調査レポート 2016」公開
 本資料「2016年度版ボーダフォン IoT 普及状況調査レポートは、ボーダフォンが委託した英国のCircleResearch社が、グローバル規模で実施したものである。 IoT普及・利用に関して、9つの主要業界のビジネスリーダー1,100名へのインタビュー調査結果をまとめた。また、Io...(2016/10/18 提供:ボーダフォン・グローバル・エンタープライズ)

製品資料
Webの売り上げ・問い合わせ向上、見込み客獲得型オウンドメディアの立ち上げ方
 商品の受注増加を狙って、はやりのWebマーケティングの手法を取り入れたものの、売り上げや問い合わせは増えず、リスティング広告やモール出店などのコストばかりが増えていく――。 “アウトバウンド型”のWebマーケティングではよくある話だ。それに対して、インバウ...(2016/12/2 提供:株式会社イノーバ)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月19日号:検知できないマルウェアの見つけ方
 Computer Weekly日本語版 10月19日号は、以下の記事で構成されています。■英SAP顧客「HANAに大満足」 vs. SAP優良顧客「SAP製品は二度と買わない」■クラウド時代にVMwareが楽天的なのは現実逃避なのか■検知できないマルウェアを見つける5つの方法■国土の3Dマッピン...(2016/10/19 提供:アイティメディア株式会社)

事例
【3Dプリンタ事例】Normal社 最短48時間でカスタムメイドの3Dプリントイヤホンを提供
 Normal社の創業者でありCEOでもあるKaufman氏は、大量生産と同じ規模でカスタマイズ製品をつくるという方式は、持続可能かつ収益性の高いビジネスモデルのベースになると確信しています。 この信念のもとで同氏が立ち上げたのが、3Dプリンティング技術を用いて最短48時...(2016/1/22 提供:株式会社ストラタシス・ジャパン)

レポート
クラウドに移行して良かった企業/後悔した企業
 クラウドサービスを利用して、社内のサーバや配線をお払い箱にするというアイデアは、企業のIT部門にとってますます魅力的な選択肢となっている。アプリケーションのクラウド移行は、今後のあるべき姿なのである。 ただし、セキュリティや全体的なコストについては、い...(2016/11/25 提供:KDDI株式会社)

事例
「ものづくりの未来」を設計する企業たち〜Autodesk 9つのユーザー事例〜
  製造業は、生産性向上や技術革新、プロセス革新等の分野を常に追求することによって、競合優位性を維持してきた。しかし、近年はこのような従来の成功要因が急激に変化している。そこには、これまでにない「破壊的な」変化が起きているとオートデスクでは考えている。(2016/11/24 提供:オートデスク株式会社)

事例
データ収集処理を最大10倍にしたアタラのデータセンター刷新術
 変化の激しいビジネス環境の中では、より精度の高い情報をより迅速に得ることが求められ、データを収集・分析するシステムの重要性が高まっている。分析対象となるデータによっては、その量が増大し続ける場合も多く、処理に要する時間を長引かせないようにするためには...(2016/11/10 提供:さくらインターネット株式会社)

レポート
個人情報流出件数が多い業界ランキング、セキュリティ脅威の傾向と対策
 サイバー犯罪の手口の巧妙化が進む中、情報セキュリティ技術とのイタチごっこが続いている。個人を狙ったフィッシングから、組織を狙って巧妙に仕掛けられる標的型攻撃、さらにはIoTデバイスへの攻撃まで、攻撃者は価値のある情報や金銭を得られそうな対象であれば何で...(2016/11/10 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
ITマネージドサービスのプロバイダー選びで考慮すべき「条件トップ10」
 企業がいま直面しているITの課題は、ハイブリッドクラウド活用、セキュリティや災害復旧への対応、デスクトップ仮想化、モバイル対応など、ビジネスをさらに推進するために、いかに新しいテクノロジーを効率的に導入していくかという点にある。同時に、その導入コストを...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
経営効率を向上し、収益成長を早めるための「マーケティングオートメーション完全ガイド」
 企業が、マーケティング業務やワークフローを合理化、自動化、可視化することで、経営効率を向上し、収益成長を早めることができる。それを可能にする技術が、マーケティングオートメーションだ。 本資料は、マーケティングオートメーションに関するあらゆる疑問に対す...(2015/11/9 提供:株式会社マルケト)

事例
マザーズ上場を成功させたCEOが語る「成長企業が実践するべきERP活用術」とは?
 「秘密結社 鷹の爪」や「パンパカパンツ」などのキャラクターを活用したマーケティングを手掛けるディー・エル・イー。同社はエンタテインメントビジネスにおいてヒット商品を生み出すことを追求してきたが、一方でプロジェクトごとの収支やキャラクターごとの利益率な...(2014/6/19 提供:株式会社オロ)

レポート
センサーデータ分析が企業の勝敗を分ける時代――BAによる優位性獲得のために
 IoTを利用して、センサーデータの分析を実施するメリットはさまざまだ。例えば、製造業であれば、製品の稼働状況の監視、保守や修理などのアフターサービスの提供、製品の使われ方の調査、システムアップグレード、新製品や新規市場機会への洞察の獲得などのメリットが...(2016/11/30 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
デバイス多様化時代の4大課題を解決――アプリ仮想化とVDIがベストな理由
 デジタル化の進んだ今日のビジネスでは、従業員は常にさまざまなデバイスを利用して業務を行う。しかし、従業員が毎日平均2.9台のデバイスを持ち運ぶといわれるようになった一方で、「10台のうち1台のノートPCが紛失または盗難にあっている」という報告もある。 もし...(2016/11/17 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

プレミアムコンテンツ
あのロボットが私の開発費を食っている!
 自動車が自動運転車へ進化するよう、ヒューマンインタフェースが「動作」から「目標」にシフトしてデバイスが自律性を得ようとしている中、システム制御の主体は徐々に人間のオペレーターからシステムに移っています。そしてその流れの中でロボット工学の概念とそれに伴...(2016/11/14 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
集客と商談の増加を促す「問い合わせを生むWebサイト」とは?
 Webサイトは、B2CとB2Bのどちらのスタイルであっても、新規顧客の獲得に役立つものでなくてはならない。そのためには「集客」「リード獲得」「リード育成」の3つのステップでの施策を効率的に実施することが必要だ。しかし、Webサイト運営をギリギリの予算と人員で行っ...(2016/11/11 提供:株式会社イノーバ)

製品資料
インサイドセールスで営業を効率化、受注数/受注率を向上させる2つのプラン
 営業活動のコスト削減などを目的に、テレアポやリストクレンジング(名寄せ)などの業務アウトソースを利用する企業は少なくない。しかし、受注までの営業コスト削減や営業人件費の変動費化などで営業活動を効率化したい、受注やセミナー集客など、営業活動の成果を創出...(2016/11/11 提供:株式会社WEIC)

技術文書
クラウドに移行して良かった企業/後悔した企業
クラウドサービスを利用して、社内のサーバや配線をお払い箱にするというアイデアは、企業のIT部門にとってますます魅力的な選択肢となっている。クラウドサービスプロバイダー、例えば米Amazon Web Servicesや米Rackspaceなどは、会社のデータ管理や通信の負担を軽減して...(2016/11/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
フラッシュストレージとSoftware Defined Storageの明日
消費者向けデジタル機器では当たり前となったフラッシュメモリが、企業コンピューティングにおける新たな記憶媒体として注目されている。現在はデータベースなど特定用途向けの利用が目立つが、今後どのように普及していくのだろうか。一方で、「Software Defined Storage...(2016/11/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
技術者への「次世代ファイアウォール」入門
 企業ネットワークに押し寄せる新しいセキュリティ脅威の標的は、「ファイアウォール対応」アプリケーションやアプリケーション層の脆弱性に及び、従来のファイアウォールでは企業ネットワークを十分に保護できなくなっている。単一機能のアプライアンスの組み合わせは...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

Loading