TechTargetジャパン

製品資料
仮想マシン間の複雑なトラフィックに紛れ込んだサイバー脅威の正しい見つけ出し方
 サイバー攻撃をシステムの入口で防ぐと同時に、巧妙に侵入された場合でも被害を最小限にする内部セキュリティ対策を講じることは、高度化する脅威からシステムを守る上で重要なポイントだ。しかし複雑化かつ多様化する仮想環境においては、ハイパーバイザー内のトラフィ...(2016/1/18 提供:ノックス株式会社)

製品資料
OpenStackとKVMによるオープンソースクラウド環境に求められるセキュリティ対策
 Linux Kernel自体をハイパーバイザーとする仕組み「KVM(カーネルベース仮想マシン)」は、クラウド環境を導入するためにサービスプロバイダーとユーザー企業の両者が一様に使用している主要なオープンソースハイパーバイザーである。 KVMをOpenStackと連動させると...(2015/11/17 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

レポート
まず押さえておきたいサーバ仮想化導入のポイント
 サーバ仮想化のメリットは一言では説明できない。さまざまなメリットがあり、どのメリットを重視するかはシステムによっても異なる。あるシステムではコストが重要視され、あるシステムでは冗長性が最も重要視される。ここでは、3つの観点でサーバ仮想化のメリットを解...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

製品資料
SDSで汎用ハードウェアのストレージ性能を拡張――スケールアウトSAN活用事例
 企業や組織が管理するデータが著しく増大し、従来型ストレージの高額な拡張コスト、拡張性の不足、柔軟性に欠ける調達/導入モデルなどが問題となり始めている。そこで、これらの課題を解決するためにSDS(Software-Defined Storage)の活用が進んでいる。 SDSには複数...(2016/5/11 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
重要性が高まるアプリ実装の阻害要因とは? IDC調査から見えた傾向と対策
 ITインフラが抱える主な課題には、個々の要件に逐次対応したことで生じたサイロ化、データ保護機能やディザスタリカバリ製品のレガシー化による安全性の低下、マルチハイパーバイザー環境による複雑化などが挙げられる。従来のインフラ重視、アプリ軽視の姿勢を大きく変...(2016/4/13 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
従来のストレージと仮想化のミスマッチを避ける「ストレージ構築のポイント」
 従来、企業のデータ格納に外部ネットワークストレージを利用してきたが、多額の設備投資、運用の複雑さが懸念事項となっている。また、近年のストレージアレイもベンダー固有の専門的なスキルが必要で、アプリケーションへの柔軟な対応ができない。結果、高額なアップグ...(2016/3/24 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月20日号:映画『ゼロ・グラビティ』制作の舞台裏(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 1月20日号は、以下の記事で構成されています。■自社データセンターとコロケーションを価格だけで選んではいけない■Disneyの協賛で実現した、『Star Wars』コーディング教育の成果■パスワード認証撲滅に向けて一歩前進──FIDO標準の現在■...(2016/1/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月20日号:映画『ゼロ・グラビティ』制作の舞台裏(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 1月20日号は、以下の記事で構成されています。■自社データセンターとコロケーションを価格だけで選んではいけない■Disneyの協賛で実現した、『Star Wars』コーディング教育の成果■パスワード認証撲滅に向けて一歩前進──FIDO標準の現在■...(2016/1/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月20日号:映画『ゼロ・グラビティ』制作の舞台裏
 Computer Weekly日本語版 1月20日号は、以下の記事で構成されています。■自社データセンターとコロケーションを価格だけで選んではいけない■Disneyの協賛で実現した、『Star Wars』コーディング教育の成果■パスワード認証撲滅に向けて一歩前進──FIDO標準の現在■...(2016/1/20 提供:アイティメディア株式会社)

その他
仮想環境を完全可視化、潜在的なリスクの発見と仮想環境に最適化された防御策
 システムへの攻撃に対しては、侵入を防ぐための防御策だけでなく、侵入されることを前提にした対策も必要だ。これを仮想環境に当てはめると、マルウェアに感染した仮想マシンの通信を把握することで二次感染の被害を食い止めることが重要となる。つまり、マイクロセグメ...(2015/12/21 提供:ノックス株式会社)

事例
IaaSベンダーが明かす「ベアメタルのパワーを最大化するサーバの選び方」
 Bigstepはビッグデータ分析サービスを提供する欧州拠点のクラウドプロバイダーである。クラウドサービスの価格競争が激化する中、「価格性能比」を武器に競争力を高めている。 ビッグデータ分析に特化した高性能のベアメタルソリューションを展開する同社は、パフォー...(2015/11/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
運用管理ツールから見るサーバ仮想化製品
 サーバ仮想化製品を選定する際、併せて考えたいのが運用管理ツールだ。なぜなら、サーバ仮想化のメリットを十分に享受するには、効率的な運用管理が欠かせないからだ。このコンテンツでは、ヴイエムウェア、シトリックス・システムズ、マイクロソフトといった主要仮想化...(2012/4/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ハイパーバイザーの製品比較:仮想化プラットフォームにおいて最高のワークロード統合率を実現するには
 今回のテストも、仮想マシンの統合率を中心に検証を行った。ハイパーバイザーのそれぞれのインスタンスには単一のアプリケーションが配置され、それぞれが同時稼動の状態で定常的な負荷を掛ける。これらの インスタンス上のアプリケーションの処理能力が劣化しない限界...(2011/6/9 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージドシステム評価ガイド
 「ハイパーコンバージドシステム」は、GoogleやFacebookなどで活用されている技術としてよく知られている。これらの企業は自分たちが考えるサービスを実現するには、従来の大規模集積型のストレージアーキテクチャでは効率的な拡張が困難で、莫大な投資と運用負荷がかか...(2015/1/30 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
KVMベースの仮想デスクトップ構築、既存のVDI製品とどこが違う?
 デスクトップ仮想化は、IT管理者にデスクトップの一元管理、保守、ポリシーの適用を効率的かつ統合的に行う方法を提供する。これにより、効果的なコンプライアンスの実現とTCO削減が可能になる。また利用者にとっても、どこからでもデスクトップにアクセスできることで...(2015/1/22 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
HP StoreVirtualの先進機能とHAクラスタの融合〜クラウドに適したHAソリューション徹底検証
 クラウドや仮想環境で利用するストレージ・システムにおいては、物理サーバの稼働率や仮想マシンの増減に応じて、柔軟に性能や容量を調整できるスケール・アウト型ストレージの重要性が高まっている。 本資料は、HPの「HP StoreVirtual VSA」上でのクラスタソフトウェ...(2014/11/24 提供:サイオステクノロジー株式会社)

e-book
運用管理ツールから見るサーバ仮想化製品
 サーバ仮想化製品を選定する際、併せて考えたいのが運用管理ツールだ。なぜなら、サーバ仮想化のメリットを十分に享受するには、効率的な運用管理が欠かせないからだ。このコンテンツでは、ヴイエムウェア、シトリックス・システムズ、マイクロソフトといった主要仮想化...(2011/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
EMC製品とマイクロソフト製品を活用したサーバ仮想化基盤を迅速かつ低コストで構築する方法
 多くの企業がサーバ環境を統合、仮想化してコストを削減しようとしているが、多様なハードウェアやソフトウェアの選定から導入までに乗り越えなければならない課題は多い。EMC製品とマイクロソフト製品群を最大限活用することで、低コストで堅牢な仮想化基盤を構築でき...(2014/8/8 提供:日本ビジネスシステムズ株式会社)

技術文書
関心高まるプライベートクラウド導入、成功のためのヒントを示そう
 米TechTargetの調査で「1年以内にプライベートクラウドを導入する計画がある」との回答が前年と比べて急増した。プライベートクラウドは立ち上がりの時期から「青春期」に入ったといえる。 ただ、プライベートクラウドの導入で難しいのはエンドユーザーの評価をどう高...(2014/6/19 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

技術文書
エキスパートが解説する「デスクトップ仮想化を成功させる3ステップ」
 企業がデスクトップ仮想化の導入・運用を成功させるには、さまざまな検討要素が発生する。例えば、社員が必要とするソフトウェア環境の提供方法や デバイスのセキュアな環境を提供する方法、ハイパーバイザーの選択やオンプレミスからサービス利用に切り替えるハードウ...(2014/5/22 提供:デル株式会社)

技術文書
VMware vSphereとMicrosoft Hyper-Vを比較、ユーザーが注目すべき違いは?
 仮想化技術の採用で悩むのが定番技術「VMware vSphere」と「Microsoft Hyper-V」のどちらを利用するかだ。ハイパーバイザーレベルでは大きな違いはないとの意見もあるが、そのアプローチや機能の差は大きい。両技術の投資対効果も同様で、どのようなシーンで仮想化技術...(2014/5/13 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
主要ハイパーバイザー3製品のメモリ管理機能を比較
 Windows Server 2008 R2の「Service Pack 1(SP1)」のリリースに伴い、仮想マシンのメモリ管理をめぐる議論が再び活発化している。 米Microsoftの新しい「Dynamic Memory」機能は、米VMwareのメモリオーバーコミット機能と比較されがちだ。しかし、Dynamic Memoryとメ...(2013/5/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
VMware ESXi とCitrix XenDesktop 7 で始めるデスクトップ仮想化入門
 デスクトップ仮想化とは、これまで各クライアントに個別に用意していたデスクトップ環境をサーバーに集中配置して運用するソリューションです。シトリックスでは、このデスクトップ仮想化を実現する製品として大企業向けに「XenDesktop」、中堅中小企業向けに「VDI-In-a...(2013/8/23 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
管理者必携の仮想化管理ツール大全
 当コンテンツは、TechTargetジャパンの記事をスマートメディアでの表示に最適化したEPUB形式で提供するものです。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。■公式ツール、サードパーティーの管理ツールを紹介 米Citrix Systems、米Microsoft...(2013/5/2 提供:アイティメディア株式会社)

e-book
主要ハイパーバイザー3製品のメモリ管理機能を比較
Windows Server 2008 R2の「Service Pack 1(SP1)」のリリースに伴い、仮想マシンのメモリ管理をめぐる議論が再び活発化している。 米Microsoftの新しい「Dynamic Memory」機能は、米VMwareのメモリオーバーコミット機能と比較されがちだ。しかし、Dynamic Memoryとメモ...(2012/4/3 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
管理者必携の仮想化管理ツール大全(Kindle版)
当コンテンツは、TechTargetジャパンの記事をスマートメディアでの表示に最適化したKindle(mobi)形式で提供するものです。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。■公式ツール、サードパーティーの管理ツールを紹介 米Citrix Systems、米Mi...(2012/12/10 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
VMware ESXi + XenDesktopで始める デスクトップ仮想化入門
デスクトップ仮想化とは、これまで各クライアントに個別に用意していたデスクトップ環境をサーバーに集中配置して運用する革新的なソリューションである。シトリックス社では、このデスクトップ仮想化を実現する製品として大企業向けに「XenDesktop」、中堅中小企業向けに...(2012/10/22 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
仮想化バックアップ動向調査(2012年)。600社の調査結果からデータ保護の最適解を読み解く
 サーバ仮想化に対応するために、多くの企業がバックアップソリューションを複数使うことを予定している。米調査会社Enterprise Strategy Group(ESG)のリポートによると、「現在利用しているバックアップアプリケーションは1つ」という企業は40%で、「今後24カ月に利...(2012/10/17 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
デルサーバの管理を実現するVMware vCenter用プラグイン「DMPVV」
 サーバ仮想化の進展により、仮想環境の管理と物理ハードウェア管理の分断が問題になっている。複数のツールを利用するのは非効率的で、運用コストの増大につながる。 デルが提供する「Dell Management Plug-in for VMware vCenter(DMPVV)」は、OVF(Open Virtualizat...(2012/9/4 提供:デル株式会社)

技術文書
VMware環境において「ビジネス継続性」を強化する方法
 多くの企業で既にサーバ仮想化の導入が進んでいる。その目的の多くは運用効率の向上とコスト削減効果だが、仮想化をさらに有効活用することで、高いビジネス継続性とディザスタリカバリを実現する「常時稼働(Always-On)」のデータセンター構築が可能だという。 本ホワ...(2012/8/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Loading