TechTargetジャパン

製品資料
サーバセキュリティの緊急課題、システムブート時を狙う攻撃をどう防ぐ?
 サイバー攻撃の対象領域は、いまやネットワークやソフトウェア、アプリケーションから物理的プラットフォームまで拡大してきた。この新たな脅威の問題は、従来のセキュリティがファームウェアやBIOSの安全を前提としていたため、その検知や排除が難しい点にある。 その...(2017/11/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
サーバパフォーマンスの最適チューニングでデジタル革新につなげるための方法
 サーバ環境のパフォーマンスを上げることは、事業の効率化と生産性アップにダイレクトにつながる。つまりサーバ環境のチューニングは、企業にとって今や優先順位の極めて高いテーマになっているといえるのだ。 サーバに使われるHDDやSSDといったストレージは大容量にし...(2017/10/27 提供:オリックス・レンテック株式会社)

事例
9事例から学ぶ無停止型サーバのメリット、365日24時間の稼働を実現するには?
 製造業にとってシステム停止は製造ラインや売り上げに直結する重要な問題だ。その事態を避けるために、「無停止型(フォールトトレランス)サーバ」が国内外の製造業で多く導入されている。生産管理やライン制御システムといった業務系、ERPやファイルサーバといったバ...(2017/10/26 提供:日本ストラタステクノロジー株式会社)

Webキャスト
ファームウェアへの攻撃をシリコンレベルで防ぐ、次世代サーバ技術を徹底解説
 次世代サーバに求められているセキュリティとアジリティの進化。その取り組みは既に実を結び始めている。セキュリティ面で特筆すべき新技術が、近年増加しているファームウェアやBIOSレベルのサイバー攻撃を防ぐために、シリコンレベルでセキュリティを高めるというもの...(2017/10/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
過半数が「ディスク容量不足」に不安、ファイルサーバの課題にどう対応する?
 ファイルサーバやNASを運用している企業の多くが、「ハードウェアトラブル」や「災害時のデータ消失」以上に「ディスク容量不足」に不安を感じていることが、TechTargetジャパンの調査で分かった。実際、ビジネスのデジタル化に伴い、企業が取り扱うデータは急速に増大...(2017/10/11 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
2020年に760億ドルのアナリティクス市場で成功するカギは「最新CPU」の活用
 ビッグデータの活用に対する関心が高まる中、多くの企業がビジネスインテリジェンスとアナリティクスに向けた投資の優先度を上げている。アナリティクス市場は、2020年までに760億ドルという規模に成長するという予測もある。 成長が期待できる一方で、業績に貢献でき...(2017/9/21 提供:インテル株式会社)

Webキャスト
次世代x86サーバが切り開くサーバセキュリティの新標準とは?
 急激に進むデジタル変革、被害の拡大が続くサイバー攻撃などを背景として、企業がITプラットフォームに求める条件は、さらに多様かつ高度なものとなっている。このような要求に応えるため、サーバ製品はセキュリティ、アジリティ、経済性の面で大きな進化を遂げてきた。(2017/9/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
「Oracle Cloud」を徹底解説――PaaSとIaaSはどう使い分ける?
 企業システムの構築・運用に必要となるさまざまなサービスを提供する「Oracle Cloud」。クラウドに注力するOracleらしく、その機能は多岐にわたり、その把握も容易ではない。そこで、あらためて同サービスの特徴・機能を確認したい。 Oracle Cloudの大きな特徴は、統一...(2017/9/8 提供:日本オラクル株式会社)

事例
3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは
 メーカー保守が終了したシステムを移行させるには、コスト負担が大きくなってしまう。平均故障間隔が20〜30年の機器でも、メーカー保守は6〜7年の短期間で終了してしまうことも多く、その度にシステム移行を行っていては大幅な予算増となる。そこで既存のシステムを利用...(2017/8/9 提供:株式会社フィールドワン)

製品資料
ハードウェアの保守期限切れ、それでも使い続けたい企業が取るべき選択肢は?
 サーバやストレージ、ネットワーク機器などハードウェアのサポート期限切れは、どの企業にとっても悩ましい課題だ。リプレースの費用はもちろん、安定稼働しているシステムに予期せぬエラーが起こるリスクなどについても考えなければならない。 しかも、現実には「現行...(2017/8/1 提供:ブレイヴコンピュータ株式会社)

レポート
今使っている業務システムを、OSごとそのまま新品ハードウェアに移行する方法
 Windows Server 2003やWindows XPなどサポートが終了した「レガシーOS」や、2020年にサポートが終了するWindows Server 2008などは、いまもさまざまな業務システムのほか、製造現場の各種設備管理など制御用として利用され続けている。その理由としては、リプレースに伴...(2017/8/1 提供:株式会社ファナティック)

レポート
「Windows Server 2003以前」のユーザーはまだいる? ファイルサーバの今後を考える
 TechTargetジャパンは、2015年にファイルサーバの利用に関するアンケート調査をした。現在利用しているファイルサーバのプラットフォームについて聞いたところ、「Windows Server 2008」が49.3%と最も多く、「Windows Server 2012」が33.3%と続いた。一方、「Windows ...(2017/7/3 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
AI、IoTからVRまで――注目の技術分野から探る次世代ITインフラの条件
 「AR(拡張現実)/VR(仮想現実)/MR(複合現実)」「IoT」「AI/ディープラーニング」の3分野の技術が、近年、脚光を浴びている。これらの技術を活用するには、いずれもリアルタイム性が重要なポイントとなる。特にAR/VR/MRでは、その実現のためにストレージに極め...(2017/7/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
基幹業務システムでFinTechを活用、OSSとメインフレームはなぜ相性が良いのか?
 近年は、最新のWeb技術やアプリケーションAPIを活用したサービス開発があらゆる領域で行われている。このようなアプローチの1つである「FinTech」も、今では金融機関の周辺業務だけでなく、基幹業務の領域での活用が進んでいる。 その実現の鍵となるのが、常に最新技術...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月22日号:ムーアの法則との決別(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 3月22日号は、以下の記事で構成されています。■英政府機関が痛烈批判「セキュリティ企業は不要な製品を売りつけている」■AIC、M.2、U.2どれを使うべき? NVMeの疑問を専門家にインタビュー■ビデオ会議システムで医療技術の習得と普及を目...(2017/3/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月22日号:ムーアの法則との決別(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 3月22日号は、以下の記事で構成されています。■英政府機関が痛烈批判「セキュリティ企業は不要な製品を売りつけている」■AIC、M.2、U.2どれを使うべき? NVMeの疑問を専門家にインタビュー■ビデオ会議システムで医療技術の習得と普及を目...(2017/3/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月22日号:ムーアの法則との決別
 Computer Weekly日本語版 3月22日号は、以下の記事で構成されています。■英政府機関が痛烈批判「セキュリティ企業は不要な製品を売りつけている」■AIC、M.2、U.2どれを使うべき? NVMeの疑問を専門家にインタビュー■ビデオ会議システムで医療技術の習得と普及を目...(2017/3/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「Windows Server 2003以前」のユーザーはまだいる? ファイルサーバの今後を考える
 TechTargetジャパンは、2015年にファイルサーバの利用に関するアンケート調査をした。現在利用しているファイルサーバのプラットフォームについて聞いたところ、「Windows Server 2008」が49.3%と最も多く、「Windows Server 2012」が(33.3%)と続いた。一方、「Wind...(2016/12/28 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
肥大化するデータをどう対処する? 読者に聞いたファイルサーバの課題とは
 TechTargetジャパンは、ファイルサーバの導入・利用状況に関するアンケート調査した。その調査で目を引いたのが、データの管理に対して課題を抱えている企業が多いことだ。ファイルサーバ管理への不安や課題を聞いたところ「データの肥大化対策」と回答した割合が73.5%...(2016/12/2 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
IT基盤の「信頼性とコストは比例しない」、BCP/DR対策コストは根本から抑える
 ITシステム運用において「信頼性とコストは比例する」と考えている担当者は多い。例えば、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)のようにシステム化に伴うコスト負担が大きい分野では、これは半ば常識のように語られている。 しかし、IT基盤を構築する際にBCP/DR対策ま...(2016/10/17 提供:JBCC株式会社)

製品資料
SDSを“新たな足かせ”にしない汎用プラットフォーム向けストレージ刷新術
 近年、サーバやデスクトップの仮想化が急速に普及しているが、ストレージには旧来の環境を使い続けている企業も少なくない。そのため、ITシステム全体で見た場合に、リソース管理の柔軟性などメリットを十分に得られていないケースも見られる。 そこで注目されるように...(2016/9/30 提供:株式会社エス・ワイ・シー)

技術文書
SATA SSD 8台相当のIOPSは本当か? x86サーバでNVMe対応SSDの実力を徹底検証
 従来のストレージ製品よりも高い転送速度と低いレイテンシを実現するNVMe対応SSD。サーバ製品の選定で重視される技術の1つだが、実際に導入するためには、パフォーマンスだけでなく信頼性や保守性を含めた十分な検証が求められる。 そこで、XeonプロセッサのE5-2600 v4...(2016/9/12 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
短時間で導入・作動、ハイパーコンバージド製品の導入メリットを比較検証
 ITの運用効率を高めるためにインフラの仮想化が広がる中、仮想マシンの拡大とリソースの使用率の向上は、IT管理者にとって頭の痛い問題だ。複数の管理者がインフラストラクチャの異なる部分を担当すると、インフラのサイロ化が進んでしまう。そこで、注目されるのが、ハ...(2016/9/5 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージド導入のメリットを比較検証――コストと管理の手間はどう変わる
 米調査会社のEdison Groupの調査によると、現在の企業ITインフラの市場は、BYO(独自構築)システムからハイパーコンバージドアプライアンスに大きく移行し始めているという。ハイパーコンバージドシステムの移行は、大きな潜在的メリットが得られる一方で、その判断に...(2016/9/5 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
TechTargetジャパン Data Report 2016(2015年4月〜2016年3月版)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 本コンテンツは、2015年度にTechTargetジャパンに掲載され、読者にダウンロー...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
スケーラブルで省電力なVDI、「3つの視点」でROI・生産性・モビリティを最大化
 VDI(仮想デスクトップインフラ)環境の導入では、ROIの向上、生産性とモビリティの最大化が常に重要な検討事項となる。その具体的な目安となるのが、例えば、ユーザーの予算当たりのIOPSや、ユーザーエクスペリエンスだ。 サーバ1台当たりのVDIデスクトップ数はI/Oパ...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
x86サーバ vs. Itaniumサーバ、3年間の運用でTCOに驚きの差
 これまでRAS(信頼性、可用性、保守性)の低下と引き換えに、他のシステムよりも低コストを実現する手段と見なされがちだったx86サーバ。新しいx86システムがこのイメージを一掃したことにより、ミッションクリティカルなデータベースソフトウェアなどの移行先としての...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

事例
予算範囲の最適コア数は768――明電舎が分析時間を短縮した特化型のサーバ選び
 サーバの導入や刷新では、予算や時間などのさまざまな制約条件が課される。その中でパフォーマンスを最大化するためには、用途を絞り込むことも重要となる。このアプローチでサーバ環境の大幅な改善に成功したのが重電メーカーの明電舎だ。 同社は大型発電機の開発に必...(2016/7/29 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
Watsonに選ばれたIT基盤、導入の決め手となった4つの要件とは?
 データ分析の手法が高度化するに従い、利用されるデータの「多様性」と「量」は大幅に増加してきた。そして、現在ではこの状況がさらに進み、「確実性」と「速度」を加えた4つが分析基盤に求められる要件となりつつある。 実は、近年注目される「IBM Watson」もこの4つ...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
DB統合型システムの基礎知識――普通のコンバージドと何が違う?
 コンバージドシステムの大幅な進化により、DBの処理能力の伸び悩み、DBサーバ乱立による工数やコストの増加などの課題はある程度解消されてきている。しかし、それらは主にハードウェア側からもたらされた効果であり、ソフトウェア側での改善の余地はまだ多く残されてい...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

Loading