TechTargetジャパン

レポート
情報マネージャのためのナレッジマネジメント実践講座
これまで実践されてきた「ナレッジマネジメント」は、IT偏重型が多かった。しかし、ナレッジマネジメントの解釈も大きく変わってきている。現在ではナレッジマネジメントを単なるシステム課題として考えるのではなく、「企業として何を価値とし、どうやって価値を創造し...(2007/5/14 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
日本の自動車メーカーの開発を支える「適合プロセス」とは何か
 日本のモノづくりの衰退が叫ばれる中で、自動車産業は世界市場で互角以上に渡り合う強さを維持している。 本資料では、その日本の自動車メーカーの強さを支える「適合プロセス」について解説した連載企画「いまさら聞けない 適合プロセス入門」の、・前編「日本の自動...(2016/3/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Webサイトの“安全”と運用の“安定”、最適なバランスで“安心”を得るためには
 Webサイトセキュリティは、改ざんや情報漏えいを防ぐ上で重要な施策だ。サイバー空間での「鑑識」や感染の有無、影響範囲の把握、駆除対応などを行うフォレンジックをはじめ、マルウェア検査やセキュリティ診断などの機能によって増大の一途をたどるセキュリティインシ...(2016/1/18 提供:サイトロック株式会社)

技術文書
徹底解説:セキュリティオペレーションセンター(SOC)構築、成功の秘訣
 日々発生・進化するサイバー攻撃、顧客窓口のIT化の普及などに伴って、インシデントの監視や検出、迅速な修復を行うセキュリティ脅威対応の専門チーム「セキュリティオペレーションセンター(SOC)」を自社内に構築する企業が増えてきた。SOCにより、セキュリティテクノ...(2015/5/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
成功する設計は、失敗から生まれる 「失敗学」シリーズまとめ読み!電子書籍版
 筆者は失敗学と称して、いくつかの一般的・共通的・抽象的・反復的なシナリオを使って、多くの失敗事例をグループ分けしてきた。今回取り上げる「スクラムのミニチュアモデル」もそのシナリオのようなものである。 長年にわたりおびただしい数の失敗事例を研究してきた...(2015/5/12 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
成功するコンシューマライゼーションの鍵、“おなじみアプリ”のビジネス版7選
 IT部門の管理が難しいため、「Evernote」や「Dropbox」の利用を禁止・制限している企業も少なくない。しかし、禁止されても使う人が後を絶たないのは、やはり使いたくなるだけの魅力があるからだ。ならば、隠れて使う必要がないよう、企業が安心できる形で公式にツール...(2015/3/3 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ビッグデータ活用でサービスデスクを変革する3つの方法
 クラウドベースのサービスプロバイダーの急増、BYOD、ソーシャルメディア、ビッグデータの増加といったITトレンドの影響を最も受けているのはITサービスデスクだ。クラウドサービス、デバイス、データが増加する中、企業のITサポート部門にとって、問題の解決はもちろん...(2014/10/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
ビジネスとITの連携でデータをナレッジに変えるサービスデスクを実現
 企業におけるヘルプデスクは、これまでチケットによって問題を管理してきたが、ビジネス部門のエンドユーザーは、電子メールやウィキ、ナレッジベース、ツイートなど一般的なコミュニケーションツールを活用して問題解決を図っている。この2つの環境は連携していない場...(2014/10/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

講演資料
「アイトラッキングを使ったノウハウ継承」視線の可視化と驚くべきアイトラッキング技術
 モノづくり、保守保全、海外スタッフの教育など、熟練者や成績優秀者から、若手や初心者へのノウハウ継承には、既存のマニュアルだけでは不十分です。まずは、熟練者や成績優秀者の暗黙知を目に見える形で表出させなければ、共有はできません。 アイトラッキングなら...(2014/9/1 提供:トビー・テクノロジー株式会社)

レポート
調査で分かった日本の顧客心理──カスタマーエクスペリエンス評価のシビアな現実
 「日本の顧客の10人のうち8人は、質の悪い顧客サービスを提供する企業の製品やサービスの購入を積極的に避ける」 こうした調査結果からも分かるように、カスタマーエクスペリエンス管理と顧客への優れたサービスの提供は、企業にとってこれまでになく重要になっている...(2013/12/6 提供:日本アバイア株式会社)

事例
グローバル生産拡大を進める中、日産自動車が推進する海外拠点間のノウハウ共有の仕組みとは
 日産自動車では1983年に北米、イギリスでの生産を開始して以降、海外生産比率は年々高まり、2009年には70%近くに達した。最近では欧州、北米から、中国、タイ、インド、インドネシア、ブラジルなどLCC諸国(新興国)での生産にシフトしてきている。  海外での生産を...(2013/11/26 提供:アクセラテクノロジ株式会社)

レポート
人事の悩みを解決! 次世代リーダー選抜、育成の勘所
 企業を成長させる次世代のビジネスリーダーを、どのように選抜し、育成し、配置していけばよいのか。多くの人事担当者が悩んでいる。 このホワイトペーパーが指摘するのは「リーダーのあるべき姿の定義」「人材情報の可視化」「適切な配置」という次世代リーダー育成の...(2013/5/15 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
超高速処理BIの6つの要件 スプレッドシートでは得られないアイデアを引き出すには
 各種の分析業務を行う上では、さまざまなソースからデータを収集し、洞察を得て、レポートやダッシュボードを共有するまでにかかる時間が問題になることが少なくない。この時間は意思決定の遅れに直結し、ますます早まるビジネススピードに対応できない事態に陥りかねな...(2013/8/12 提供:Tableau Japan株式会社)

Webキャスト
3分で分かる ソーシャルコラボレーションツールの導入効果
 営業現場をはじめとする社内の情報共有促進のために、リアルタイムコラボレーションツールを導入する企業は増えてきた。しかし、いまだにその効果に懐疑的な企業は少なくない。しかし、事実コラボレーションツールの導入により、劇的な業務改善に成功している企業はある...(2013/7/12 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
小学館のCGMはなぜ成功したのか? 育児Q&Aコミュニティーが支持されるわけ
 小学館の幼児学習雑誌のWebサイト「小学館 おやこページ DAKKO」では、雑誌の最新号の情報や、育児中のお母さんに役立つ情報を提供している。同サイト運営の一番の目的は雑誌の宣伝だが、サイトのコンテンツがそれだけでは集客に限界があるし、読者の囲い込みにはつなが...(2013/7/1 提供:株式会社オウケイウェイヴ)

レポート
デキるエンジニアのCAD 設計
 皆さんは、製品開発の中で何に気を付けて設計をしていますか?「要求された機能や品質(Q)を満足すること、要求されたコスト(C)を満足すること、要求された納期(D)に間に合わせることなど、すべてに気を使っている!」 といわれることでしょう。確かにQCD は、製品...(2012/11/1 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
なぜ社内ソーシャルネットワークの導入は失敗するのか?
 FacebookやTwitterが浸透してきたからといって、安易に社内SNSを導入しても、いずれ使われなくなるのが関の山だ。従来の仕事の仕方やコミュニケーションの仕方をそのままに、SNSだけ導入してもうまくいかない。 本ホワイトペーパーでは、個人向けのSNSとエンタープライ...(2012/10/10 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

製品資料
ソーシャルウェア活用を成功させる6つの実践テクニック
 TwitterやFacebookを対外的なマーケティング活動に生かしている企業は多い。そして今、ソーシャルパワーを対外的のみならず企業内に応用する「エンタープライズ・ソーシャルウェア」が注目されている。組織の枠を超えたコミュニケーション、人が持つスキルやナレッジの...(2012/9/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
スマートデバイスがリードする業務改革−事例から見えてきたその「潜在能力」
 近年、「スマートデバイス」を企業の業務改革や競争力向上に生かそうとする取り組みが本格化し始めている。しかしながら、企業で利用する場合には、事前に考慮すべき課題が多いのも事実だ。利便性や、業務を変革し得る潜在的な可能性は理解しているものの、導入にあたり...(2012/7/17 提供:株式会社ドリーム・アーツ)

レポート
ファイルサーバの利用実態から分かった文書管理のベストプラクティス
 昨今、災害や情報セキュリティー対策のため、文書管理に対するルールや管理体制作りに着手する企業が増加している。しかしながら紙文書に関する管理ルールを定めるものの、電子文書に関してはそれらルールの対象外となっている企業は多い。管理者にとっては、「情報漏え...(2012/5/18 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
ポータル画面があなたの業務をナビゲート!
 企業を取り巻く環境の変化や多様化にともない、より一層の業務品質の向上が求められる昨今。しかし、現場担当者のスキルや熟練度の差により、業務品質にバラツキが生まれている企業は多く存在します。 しかも、業務システムの増加が進む企業では、社内に複数のシステム...(2012/3/16 提供:株式会社日立製作所)

事例
社史・年史デジタル図書館
社史・年史のデジタル図書館「社史の杜」。企業のナレッジマネジメントの情報源として新しい付加価値サービスを提供する本システム。XMLデータベース「NeoCoreXMS」独自の高速性能、柔軟性を活かした企業アーカイブの有益な活用を実現した。(2011/1/18 提供:株式会社サイバーテック)

レポート
優良企業が行っている人材戦略“3つの習慣”
 人材管理に関するさまざまな指標で高いパフォーマンスを誇る優良企業が、習慣的に行っている戦略を明らかにする調査リポート。 調査は233社を対象に実施し、その人材戦略のレベルに応じて企業を、優良、業界平均、下位と3段階に分類。人材管理アプリケーションの活用な...(2010/12/20 提供:SAPジャパン株式会社)

試用版
Salesforce Chatterデモ環境
 TechTargetジャパン連載記事「Salesforce Chatterでできること・できないこと」(http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1012/20/news05.html)の検証用に用意したSalesforce Chatterのデモ環境です。閲覧する全員が同一のアカウントでログインするので、以下の「ご...(2011/1/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
従来のナレッジマネジメントの失敗から学ぶ、新しいKMの手法
 企業内における情報共有の試みが「ナレッジマネジメント(KM)」として注目を浴びた時代から数年。しかし、期待ほどの成果が挙がっていないのが現実である。一方でインターネット上にはエンタープライズサーチなど、KMに新しい可能性をもたらすと期待される新しいテクノ...(2008/7/7 提供:ウチダスペクトラム株式会社)

事例
あなたの会社でもできる! P&Gのヒット商品誕生を支える3つのナレッジ施策
 企業の競争力を維持し強化していくために、研究開発におけるイノベーションは喫緊の課題である。増加する一方の研究開発投資に対して、その結果に満足している企業は多くない。 このホワイトペーパーでは、イノベーション先進企業として知られるP&Gの研究開発における...(2008/10/31 提供:リアルコム株式会社)

事例
【顧客ニーズを掘り起こした成功事例】メールやSFAにない、次の行動へ繋がる「インラインコメント」機能
 日常的な仕事がオープン化、コミュニティ化、プロフェッショナル化していく中で求められているものは、活発な情報の共有・共通理解です。 しかし、メールやグループウェアなど情報共有ツールを導入しているにもかかわらず、情報が見えない・プロセスがつかめない・知識...(2010/3/1 提供:株式会社アプライドナレッジ)

レポート
【調査レポート】プロフィットセンターとしてのテクニカルコミュニケーション
カスタマーサポートへの電話の件数が 41% 減少。カスタマーサポートで問題解決にかかる時間が 38% 減少。顧客満足度スコアが 41% 向上。 テクニカル コミュニケーション(TC)やマニュアル制作部隊を、顧客中心で利益を生む部門へと変革することで、このようなビジネ...(2010/2/12 提供:PTC ジャパン株式会社)

製品資料
IT時代の仕事術「新・仕事のお作法」研修
 オフィスにPCが入り始めてほぼ10年。オフィスワーカーの仕事の進め方はすっかり変わり、社員全員が1人1台のPCを持ち、電子メールで連絡を取り合い、WordやExcelなどを使いこなして仕事を進めるようになっている。 過去数十年続いた「紙」の時代には、年月を経て改良さ...(2009/3/2 提供:リアルコム株式会社)

製品資料
企業の枠を越えたナレッジ・ワークの未来
ユーザーがオンラインで業務を行う今日、われわれはアテンション・マネジメント、つまり「注意の管理」の問題に直面している。多くの場合、ネットワークを通じて同僚や他社と情報共有する必要があることに加え、変化し続けるビジネス環境で発生するアクティビティやイベン...(2009/12/25 提供:EMCジャパン株式会社)

Loading