TechTargetジャパン

レポート
情報マネージャのためのナレッジマネジメント実践講座
これまで実践されてきた「ナレッジマネジメント」は、IT偏重型が多かった。しかし、ナレッジマネジメントの解釈も大きく変わってきている。現在ではナレッジマネジメントを単なるシステム課題として考えるのではなく、「企業として何を価値とし、どうやって価値を創造し...(2007/5/14 提供:アイティメディア株式会社)

事例
社員16万人の「知」を共有するコミュニケーション基盤の作り方
 仕事が暗礁に乗り上げた。同じような経験をした人から解決につながるアドバイスがほしいが、誰に聞けばいいのか分からない──。こうした悩みを解決するには、組織に散在する「知」を簡単に見つけ出せる仕組みが必要だが、その構築は一筋縄ではいかない。 全世界にグル...(2017/3/3 提供:富士通株式会社)

事例
「情報は量が重要」、ヤフーに学ぶ社内情報共有による業務スピード向上
 「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーでは、情報共有のために社内標準の情報共有システムを構築している。それを全社、全部門、約7000人の一般社員や経営陣が日々、利用している。利用頻度も非常に高く、1日約15000ページが新規作成または更新されているという。 同社では...(2017/8/1 提供:リックソフト株式会社)

レポート
情報・ナレッジ共有の3原則――生産性を向上させる情報基盤の作り方
 業務品質や生産性を向上させようと情報・ナレッジ共有ツールを導入したのに、想定したように情報共有が進まない。そんな課題に直面している企業の中には、その前段階である情報登録までしかシステム化できていないケースが散見される。 必要なメンバーに情報・ナレッジ...(2017/8/1 提供:リックソフト株式会社)

レポート
ニーズにあったデータレイクを柔軟に構築するストレージの組み合わせと選択肢
 分析技術の著しい進化は、データの利用価値を一変させた。分析可能な範囲が広がったことで、非構造化データを含む多種多様なデータが収集対象となり、多くの企業が競ってデータを蓄積するようになっている。その結果、ITインフラの主流となり始めたのが「データレイク」...(2017/2/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
企業の情報共有・知識継承に関するアンケート(2017年1月)
TechTargetジャパンとキーマンズネットは、会員を対象に「企業の情報共有・知識継承に関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、企業の情報共有・知識継承に関するツールの利用状況や検討状況が明らかになった。目的:TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会...(2017/4/3 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

レポート
「ワークスタイル変革」の実践で分かった、日本企業の生産性が低い本当の理由
 近年、国を挙げて「ワークスタイル変革」が叫ばれる背景には、日本企業の生産性が欧米と比べて低下していることが挙げられる。これに関しては「労働時間の差」が議論されることも多いが、日米の就業者の年平均労働時間は、それほど大きくはないという。 それでは、「10...(2017/3/31 提供:株式会社ユニリタ)

レポート
「情報管理」調査レポート:モバイル/クラウド導入の効果が出せない企業の特徴
 近年、さまざまな企業がワークスタイル変革に向けて、モバイルアクセス環境やクラウドサービスの導入に力を入れている。その結果、ITインフラやツールの整備は進んだが、目標である「社内の情報にいつでも、どこからでもアクセスできる環境」はなかなか実現されない。 ...(2017/2/24 提供:Hyland Software, Inc.)

製品資料
データ活用の新たな発想「データレイク」を支えるストレージの条件とは?
 データ活用の手法が大きな変革期に入った。構造化データから現状を分析、可視化するだけでなく、膨大な容量の非構造化データも含めて統合的に処理し、AIなどを利用しながら、顧客ニーズや市場状況をリアルタイムに予測することも求められている。さらにAPIを使ってデー...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
コールセンターで「よくある質問」をすぐに減らせる――FAQ連携の3つの価値
 コールセンター(CS)への問い合わせを削減するために、多くの企業がFAQサイトを開設している。その目的はコスト削減や業務の効率化だけではない。顧客満足度を向上させる上でもFAQサイトの活用は重要だ。 顧客にFAQサイトを積極的に活用してもらい、自己解決が進めば...(2016/7/8 提供:株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

事例
自己解決率80%のFAQサイトをソフトバンクモバイルはどうやって作ったのか?
 コールセンター(CS)の運営を最適化するには、業務効率の改善と、問い合わせを減らすことが重要になる。そのために欠かせないのがFAQサイトの充実だ。CSに問い合わせる前にFAQサイトで解決できるケースが増えれば、自ずと負担は軽減する。 その成功例が、移動通信サー...(2016/7/8 提供:株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

事例
全スタッフで知識を共有、T&Gグループの「組織知」を作るナレッジシステムとは?
 ウェディングプロデュースを手掛けるT&Gグループは、国内に600人のウェディングプランナーがいる。ウェディングには多様なニーズやこだわりがあるため、各プランナーが持つ経験やノウハウ、アイデアのレベルの高さが、顧客満足度を左右する大きな要因となる。 同グル...(2016/7/8 提供:株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

製品資料
コミュニケーション機能のクラウド移行――最大の敵「ネットのダウン」にどう備える?
 組織におけるコミュニケーションは多様化し、音声通話、ファクス、メールに加えて、ボイスメール、ビデオ会議なども使われるようになった。それに伴い増加するツールを統合管理するためにはクラウドが有効だが、コミュニケーション機能をクラウドに依存することのリスク...(2016/6/6 提供:インタラクティブ・インテリジェンス)

技術文書
日本の自動車メーカーの開発を支える「適合プロセス」とは何か
 日本のモノづくりの衰退が叫ばれる中で、自動車産業は世界市場で互角以上に渡り合う強さを維持している。 本資料では、その日本の自動車メーカーの強さを支える「適合プロセス」について解説した連載企画「いまさら聞けない 適合プロセス入門」の、・前編「日本の自動...(2016/3/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Webサイトの“安全”と運用の“安定”、最適なバランスで“安心”を得るためには
 Webサイトセキュリティは、改ざんや情報漏えいを防ぐ上で重要な施策だ。サイバー空間での「鑑識」や感染の有無、影響範囲の把握、駆除対応などを行うフォレンジックをはじめ、マルウェア検査やセキュリティ診断などの機能によって増大の一途をたどるセキュリティインシ...(2016/3/16 提供:サイトロック株式会社)

技術文書
徹底解説:セキュリティオペレーションセンター(SOC)構築、成功の秘訣
 日々発生・進化するサイバー攻撃、顧客窓口のIT化の普及などに伴って、インシデントの監視や検出、迅速な修復を行うセキュリティ脅威対応の専門チーム「セキュリティオペレーションセンター(SOC)」を自社内に構築する企業が増えてきた。SOCにより、セキュリティテクノ...(2015/5/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
成功する設計は、失敗から生まれる 「失敗学」シリーズまとめ読み!電子書籍版
 筆者は失敗学と称して、いくつかの一般的・共通的・抽象的・反復的なシナリオを使って、多くの失敗事例をグループ分けしてきた。今回取り上げる「スクラムのミニチュアモデル」もそのシナリオのようなものである。 長年にわたりおびただしい数の失敗事例を研究してきた...(2015/5/12 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
成功するコンシューマライゼーションの鍵、“おなじみアプリ”のビジネス版7選
 IT部門の管理が難しいため、「Evernote」や「Dropbox」の利用を禁止・制限している企業も少なくない。しかし、禁止されても使う人が後を絶たないのは、やはり使いたくなるだけの魅力があるからだ。ならば、隠れて使う必要がないよう、企業が安心できる形で公式にツール...(2015/3/3 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ビッグデータ活用でサービスデスクを変革する3つの方法
 クラウドベースのサービスプロバイダーの急増、BYOD、ソーシャルメディア、ビッグデータの増加といったITトレンドの影響を最も受けているのはITサービスデスクだ。クラウドサービス、デバイス、データが増加する中、企業のITサポート部門にとって、問題の解決はもちろん...(2014/10/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
ビジネスとITの連携でデータをナレッジに変えるサービスデスクを実現
 企業におけるヘルプデスクは、これまでチケットによって問題を管理してきたが、ビジネス部門のエンドユーザーは、電子メールやウィキ、ナレッジベース、ツイートなど一般的なコミュニケーションツールを活用して問題解決を図っている。この2つの環境は連携していない場...(2014/10/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

講演資料
「アイトラッキングを使ったノウハウ継承」視線の可視化と驚くべきアイトラッキング技術
 モノづくり、保守保全、海外スタッフの教育など、熟練者や成績優秀者から、若手や初心者へのノウハウ継承には、既存のマニュアルだけでは不十分です。まずは、熟練者や成績優秀者の暗黙知を目に見える形で表出させなければ、共有はできません。 アイトラッキングなら...(2014/9/1 提供:トビー・テクノロジー株式会社)

レポート
調査で分かった日本の顧客心理──カスタマーエクスペリエンス評価のシビアな現実
 「日本の顧客の10人のうち8人は、質の悪い顧客サービスを提供する企業の製品やサービスの購入を積極的に避ける」 こうした調査結果からも分かるように、カスタマーエクスペリエンス管理と顧客への優れたサービスの提供は、企業にとってこれまでになく重要になっている...(2013/12/6 提供:日本アバイア株式会社)

事例
グローバル生産拡大を進める中、日産自動車が推進する海外拠点間のノウハウ共有の仕組みとは
 日産自動車では1983年に北米、イギリスでの生産を開始して以降、海外生産比率は年々高まり、2009年には70%近くに達した。最近では欧州、北米から、中国、タイ、インド、インドネシア、ブラジルなどLCC諸国(新興国)での生産にシフトしてきている。  海外での生産を...(2013/11/26 提供:アクセラテクノロジ株式会社)

レポート
人事の悩みを解決! 次世代リーダー選抜、育成の勘所
 企業を成長させる次世代のビジネスリーダーを、どのように選抜し、育成し、配置していけばよいのか。多くの人事担当者が悩んでいる。 このホワイトペーパーが指摘するのは「リーダーのあるべき姿の定義」「人材情報の可視化」「適切な配置」という次世代リーダー育成の...(2013/5/15 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
優良企業が行っている人材戦略“3つの習慣”
 人材管理に関するさまざまな指標で高いパフォーマンスを誇る優良企業が、習慣的に行っている戦略を明らかにする調査リポート。 調査は233社を対象に実施し、その人材戦略のレベルに応じて企業を、優良、業界平均、下位と3段階に分類。人材管理アプリケーションの活用な...(2013/5/15 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
超高速処理BIの6つの要件 スプレッドシートでは得られないアイデアを引き出すには
 各種の分析業務を行う上では、さまざまなソースからデータを収集し、洞察を得て、レポートやダッシュボードを共有するまでにかかる時間が問題になることが少なくない。この時間は意思決定の遅れに直結し、ますます早まるビジネススピードに対応できない事態に陥りかねな...(2013/8/12 提供:Tableau Japan株式会社)

Webキャスト
3分で分かる ソーシャルコラボレーションツールの導入効果
 営業現場をはじめとする社内の情報共有促進のために、リアルタイムコラボレーションツールを導入する企業は増えてきた。しかし、いまだにその効果に懐疑的な企業は少なくない。しかし、事実コラボレーションツールの導入により、劇的な業務改善に成功している企業はある...(2013/7/12 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
小学館のCGMはなぜ成功したのか? 育児Q&Aコミュニティーが支持されるわけ
 小学館の幼児学習雑誌のWebサイト「小学館 おやこページ DAKKO」では、雑誌の最新号の情報や、育児中のお母さんに役立つ情報を提供している。同サイト運営の一番の目的は雑誌の宣伝だが、サイトのコンテンツがそれだけでは集客に限界があるし、読者の囲い込みにはつなが...(2013/7/1 提供:株式会社オウケイウェイヴ)

レポート
デキるエンジニアのCAD 設計
 皆さんは、製品開発の中で何に気を付けて設計をしていますか?「要求された機能や品質(Q)を満足すること、要求されたコスト(C)を満足すること、要求された納期(D)に間に合わせることなど、すべてに気を使っている!」 といわれることでしょう。確かにQCD は、製品...(2012/11/1 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
なぜ社内ソーシャルネットワークの導入は失敗するのか?
 FacebookやTwitterが浸透してきたからといって、安易に社内SNSを導入しても、いずれ使われなくなるのが関の山だ。従来の仕事の仕方やコミュニケーションの仕方をそのままに、SNSだけ導入してもうまくいかない。 本ホワイトペーパーでは、個人向けのSNSとエンタープライ...(2012/10/10 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

Loading