2008年09月08日 18時23分 公開
ニュース

アズベイス、月額利用料420円のSOHO向けSaaS型情報共有ツールを発売NEWS

従業員10人以下のSOHO、企業に特化したSaaS型情報共有ツール「BizBase Roots」を発売。複数の社外ユーザーとスケジュールやToDo、掲示板、文書ファイルなどを共有できる。

[TechTargetジャパン]

 業務支援ソフトメーカーのアズベイスは9月8日、業務支援ソフト「BizBase」シリーズの新ラインアップとして従業員10人以下のSOHO、企業に特化したSaaS(Software as a Service)型情報共有ツール「BizBase Roots」の提供を開始した。

 BizBase Rootsは、社内ユーザーはもちろん、複数の社外ユーザーとも社内と同様にスケジュールやToDo、掲示板、文書ファイルなどを共有できる。社外ユーザーとリモート画面共有機能を使って、資料のレビューや画面共有をしながら、資料の修正、ホワイトボードやオンラインチャットを使ったディスカッションも実現でき、専用ソフトや高額なビデオ会議システムなどを利用する場合に比べて、低価格で情報共有が可能だ。

 また、プロフィール管理機能を搭載しており、既存業務パートナー以外に、BizBase RootsにID登録されている外部企業のユーザーも検索することができる。プロフィールの公開/非公開は詳細なセキュリティ設定が可能で、自社のプロフィールで業務の実績や、スキル・ノウハウなどを記載し外部に公開することも可能だ。

 価格は初期費用が3150円、1ログインID当たりの月額利用料は、基本パッケージが420円、画面共有オプションが315円、ワークフローオプションが210円、交通費・経費オプションが210円。本製品の発売に合わせて同社では画面共有オプションの月額利用料を6カ月間無償とするサービス開始キャンペーンを実施。申し込み期限は9月30日まで。

 そのほかアズベイスでは、グループウェアに「ワークフロー申請」「勤怠管理」「経費・交通費申請」の機能を搭載した「オフィスパック」、多彩なグラフ表示機能を備えた営業支援ツール(SFA)「営業マンが使うBizBase」、会計事務所の顧問先管理や作業管理を実現した「BizBase for 会計事務所」、担当者間の進ちょくを管理する「BizBase作業進捗管理」を提供している。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...