TechTargetジャパン

製品資料
OpenStackクラウドの可用性を高める負荷分散ポリシー、導入時に検討すべきこと
 クラウドにおけるネットワークサービスの可用性と冗長性の確保には、まず負荷分散機能をどのように導入するかがポイントになる。OpenStackには、Neutron LBaaS(Load Balancing as a Service)というサービスが用意されており、特定ベンダーの技術に依存しない負荷分散...(2016/8/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
大規模WebサービスをAWSで安定稼働させる「OSSベースのロードバランサ」
 B2B・B2Cを問わず、Webを利用したリッチコンテンツの提供が急増しているなか、フロントエンドのサーバにかかる負荷は日々増加している。こうしたWebサービスの構築では、高速で安定性があり、コンテンツキャッシングやロードバランシング能力の高いロードバランサを利用...(2016/2/8 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
Webサービスの負荷激増にどう対処する? “常時SSL化”時代のトラフィック制御
 Webサイトのトラフィック増大、サイバー攻撃の増加などを背景に導入が進むアプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)。ロードバランサーの上位製品であるADCは、高度なトラフィック制御技術により、WebサイトやWebサービスの負荷分散とセキュリティ強化を実現す...(2017/3/3 提供:SCSK株式会社)

製品資料
暗号アルゴリズムの必須課題!ロードバランサ選定の際に重要な3つのポイント
ユーザーがロードバランサに求める機能&サービスは様々だが、PIOLINK社が提案する重要なポイントは3つ。中でも暗号アルゴリズムの2010年問題は、SSL TPS処理性能が1/5まで低下してしまう大きな課題だ。本資料では、暗号アルゴリズムの課題は元より、3つのポイントを解決...(2011/10/17 提供:株式会社パイオリンク)

技術文書
ロードバランサーのポイントと基本機能を図解入りで解説すると同時に、導入事例を紹介
 導入にあたってのポイントや基本機能、導入事例などLoadMasterシリーズを理解する上での基本情報に加えて、ドキュメントの最後には販売代理店向け資料も追加している。【製品概要】 ロードバランサーとして必要とされるL4&L7バランシング、L4&L7パーシステンシーなどの...(2013/4/24 提供:株式会社リンクアット・ジャパン)

製品資料
AWSのロードバランサーELBとBYOLの仮想ADCを比較、柔軟で堅牢なWebシステムを構築するには?
 企業のシステムインフラの構築において、今やAWSは当然の選択肢となっている。しかし、AWS上にシステムを構築して負荷分散を行う場合、AWS提供のELBだけでは機能要件の制約に悩むことも多い。 本ホワイトペーパーは、そういった機能要件の制約を解決するソフトウェアベ...(2015/11/16 提供:SCSK株式会社)

技術文書
暗号化通信によるサーバ負荷を回避する「SSLアクセラレーション」設定法
 SSLの暗号化通信を利用すると、通信速度が低下したり、サーバへの負荷が高くなったりするという懸念をお持ちではないだろうか。SSLは、盗聴、なりすましなどのリスクを軽減する対策として、非常に広く普及している通信暗号化の仕組みだ。しかし、HTTP 1.0/1.1プロトコ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
無線LANのパフォーマンス検証、負荷分散と帯域制御の自動化で得られる効果は?
 企業内における無線LAN利用が拡大する昨今、その通信品質が大きな課題になりつつある。無線LANを利用する端末は種類も台数も増え続けており、より多くの端末が同時に安定して接続でき、快適かつセキュアに利用できるインフラが求められている。 多数の端末とアクセスポ...(2016/10/31 提供:ユニアデックス株式会社)

事例
「ひかりTV」サービス基盤を支える「NGINX Plus」汎用サーバを利用することで大幅に導入コストを削減
 NTTぷららが提供する「ひかりTV」は、2014年内にも300万会員を突破する勢いの成長著しいサービスだ。テレビ放送、ビデオ(VOD)、ゲーム、ミュージック、ショッピング、ブック、カラオケ、アプリなどを包括したエンターテインメントのマルチサービスに発展。また、2014...(2015/11/9 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
Webアプリケーションのパフォーマンスを最適化するアプリケーションデリバリコントローラーの選び方
 従来のレイヤー4(L4:トランスポート層)だけでなく、レイヤー7(L7:アプリケーション層)にも対応した負荷分散を実現する「アプリケーションデリバリコントローラー(ADC)」が注目されている。ただしL7での負荷分散は、Webアプリケーションのパフォーマンス低下を招...(2015/7/31 提供:A10ネットワークス株式会社)

技術文書
SDN時代を見据えた失敗しないロードバランサの選び方
 企業内システムはクライアントサーバの時代から、モバイルとクラウド全盛の時代に移行し、多くのシステムがWebアプリケーションとして開発されるようになった。これまで、エンドユーザーに安全かつ高いパフォーマンスでWebアプリケーションを届けるために、ロードバラン...(2014/9/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
実機検証レポート:「ゼロダウンタイム」のアプリケーションサーバは構築できるか?
 一般的にロードバランサを用いることで、ユーザーリクエストを複数のノードに分散させて負荷を平準化させるとともに、障害が発生したノードの処理を別のノードで引き継ぐことでサービスの可用性を高めることができる。 しかし、一般的にロードバランサ単体では、アプリ...(2014/3/20 提供:日本電気株式会社)

事例
ネットワーク性能監視ツール導入事例集――セガホールディングス、他
 エンタテインメントコンテンツを展開するセガグループの業務管理を行っているセガホールディングスでは、グループ全体のインフラ統合で管理対象機器が増大した。迅速な監視登録を目指して新しい性能監視ツールを導入したところ、社内オペレーションの最適化も図れた。 ...(2017/1/23 提供:アイビーシー株式会社)

技術文書
徹底解剖!エキスパートが語る、ロードバランサの6つのポイント
1台のサーバでアプリケーションを提供するには、多くのユーザからのアクセスに耐えうるだけのパフォーマンスを備えたサーバが必要になる。とはいっても、ハイパフォーマンスのサーバは当然コストが高く、さらにパフォーマンスを向上させる際にも限界が出てくる。そこで役...(2010/3/8 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
可用性を高める4つの手法を徹底比較、PCサーバ運用におけるシステム停止時間の削減方法を解説
 企業ICTシステムの重要性は高まり、障害によるダウンタイムは企業経営に大きな影響を及ぼす。システムの高可用性の確保は企業ICT運用の大きな課題の一つだ。 本ホワイトペーパーでは、一般的に広く利用されている高可用システムの比較として、「スタンバイ方式」「HAク...(2015/12/9 提供:富士通株式会社)

事例
AWS導入事例:ECサイトや社内システムの耐障害性と柔軟性を高めるには?
 近年、ECサイトや社内システムのようなミッションクリティカルなシステムのクラウド移行が進んでいる。その背景には、Amazon Web Services(AWS)に代表される、耐障害性やセキュリティに優れたクラウドサービスの存在がある。 しかし、信頼性の高いAWSであってもシス...(2017/1/12 提供:クラスメソッド株式会社)

製品資料
BCP対策に向け再確認、Windows Server 2012 R2の機能と展開手順
 Windows Server 2003の延長サポートが終了する2015年7月を目前に控え、サーバOS移行の具体策を決めた企業は多い。しかし、まだ移行するOSを決めかねているという企業も少なくない。これはクライアントOSのWindows XPからのOS移行で見られた状況を振り返れば容易に想像が...(2015/6/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
これ1冊で導入の不安解消「はじめてのクラウド」読本
 「1カ月で新しいシステムを立ち上げてくれ」「コストはかけずに災害対策を行え」「遅いシステムをいますぐ早くしろ」など、無理な注文が経営陣から情シス担当者に付きつけられることは少なくない。だが、経営者や業務部門からこのような要求が来るということは、ITがビ...(2014/6/12 提供:ニフティ株式会社)

レポート
200万円以下のロードバランサを徹底比較。機能の差はどれだけある?
 ロードバランサを新規導入/リプレースする際には、コスト削減できるか、使用している機能の継承が可能か、運用の手間がどれだけ改善されるか、などが製品選択のポイントになる。 BIG-IPシリーズは、「信頼性が高いが、価格も高い」というイメージが強い。しかし、エン...(2013/12/12 提供:F5ネットワークスジャパン株式会社)

製品資料
デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」
 デジタル化の進展に伴い、IoTやAIを活用した新たなビジネスの創出に取り組む企業が増えている。その一方で、日々の運用に人手を割かれ、新規ビジネスを開拓するための業務システム開発に着手できない──その悩みは、多くのIT部門で共通するものだろう。経営から期待さ...(2017/2/17 提供:日本電気株式会社)

事例
東急建設のインフラ刷新、SDDC移行で変わったセキュリティとインフラ運用の負荷
 建設需要が一段落するポストオリンピックを見据えて、東急建設はICTの積極活用による新たな価値創造と業務プロセスの革新を目指している。その土台となるITインフラには早期からサーバ仮想化・統合ストレージ環境を利用してきたが、想定以上にシステム数が増え、負荷が...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
生産性はJavaの3倍、ノンコーディングのアプリ開発で成功した19社の事例
 Javaの3倍近い生産性を実現し、マルチデバイス対応のアプリ開発ができるノンコーディング開発ツールの利用が拡大している。ツールの機能の進化とともに、パッケージソフト開発やクラウド環境への移行など、用途も多様化してきた。 例えば、池田糖化工業では、レガシー...(2017/2/1 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

講演資料
LinuxベースVMでここまでできる IaaSにおけるOSS活用ポイント
 仮想化環境やIaaSパブリッククラウドにおけるVM(仮想マシン)には、LinuxをはじめとするOSS(オープンソースソフトウェア)が使われることが多い。VMをスケールアウトする際のライセンス費の廉価さに加え、OSやミドルウェアなどの構成において柔軟性が高く、多くのユー...(2016/12/12 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
ネットワークの現場に聞く「VDI、WAFやSSL VPNでのセキュリティ。L4-7を使って、こうして対応しました」
 クラウドサービスの利用が広まり、モバイル環境も整備され、さらに仮想化技術の発達もあり、今はさまざまな雇用形態の人が、多様なデバイスを用い、あらゆる場所からWebアプリケーションにアクセスしている。 しかし一方で、攻撃者のアクセスも常態化し、DDoS対策をは...(2015/8/26 提供:F5ネットワークスジャパン株式会社)

事例
新日鉄住金ソリューションズが提供するマネージドクラウドサービスの運用管理環境を守る次世代ファイアウォール
 ミッションクリティカルな基幹系システムに対応するマネージドクラウドサービス「absonne Enterprise Cloud Service」を提供する新日鉄住金ソリューションズ。同社はこれまで、absonneの管理セグメントのネットワークに、ファイアウォールやフィルタリングなどに特化し...(2016/11/1 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? そんな不安を解消するには
 クラウドやモバイル端末の業務活用が進んだことで、企業の生産性は大きく向上した。その一方で、管理すべきプラットフォームの拡大は、アプリケーションの可用性やパフォーマンス、セキュリティを維持する管理者にとって困難な状況を生んでいる。 その一例が、Webアプ...(2017/1/31 提供:F5ネットワークスジャパン株式会社)

事例
IoT通信コストを軽減、移動式留守番カメラ「ilbo」の事例に学ぶクラウド選び
 近年、爆発的な広がりを見せるIoTデバイス。その通信管理は、多くの企業にとって、今後のビジネスを左右する重要なテーマだ。そこで、コストを抑えながら、ユーザーの増加に対応するアプローチの1つとして、2016年8月に登場した移動式の留守番カメラ「ilbo(イルボ)」...(2017/2/13 提供:さくらインターネット株式会社)

技術文書
クラウドバースト製品導入戦略ガイド
 クラウドの概念が拡大している。本稿ではクラウドバーストのメリットとデメリット、オンプレミスITの役割について解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構成されている。■クラウドバーストのメリットとデメリット■クラウドバーストの利用が伸びない理由■クラウドバー...(2017/2/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
海外で構築する「SD-WAN」――どうすれば国際閉域網のコスト効率は高まるのか?
 WAN回線サービスを仮想化する「SD-WAN」(Software Defined WAN)の登場により、仮想閉域網をユーザー組織自身で構築・運用できるようになった。そのメリットは、専用線やIP-VPN、ブロードバンド回線、4G回線、無線LANなどを活用した、ハイブリッドなネットワーク環境だ...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

製品資料
6ステップで導入、コントローラー内蔵アクセスポイントで無線LANはどう変わる?
 無線LANは、導入規模によって機器の選び方やセットアップの手順が異なることから、これまでは導入に際して、スキルや工数、予算など、多くのものを必要としてきた。しかし、仮想コントローラー内蔵型のアクセスポイント(AP)の入手性が向上したことで、そのハードルは...(2017/2/15 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

Loading