TechTargetジャパン

技術文書
いまさら聞けない「クラウドDNS/ロードバランサー」の基礎知識
 WebサイトやWebアプリケーションをビジネスの中核として展開する企業にとって、Webサイトにアクセスできなかったり、レスポンスが悪かったりすることは致命的な問題となる。そのため、多くの企業がCDNなどを活用して、コンテンツ配信のパフォーマンス最適化と可用性向上...(2017/8/28 提供:株式会社シーディーネットワークス・ジャパン)

製品資料
OpenStackクラウドの可用性を高める負荷分散ポリシー、導入時に検討すべきこと
 クラウドにおけるネットワークサービスの可用性と冗長性の確保には、まず負荷分散機能をどのように導入するかがポイントになる。OpenStackには、Neutron LBaaS(Load Balancing as a Service)というサービスが用意されており、特定ベンダーの技術に依存しない負荷分散...(2016/8/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
大規模WebサービスをAWSで安定稼働させる「OSSベースのロードバランサ」
 B2B・B2Cを問わず、Webを利用したリッチコンテンツの提供が急増しているなか、フロントエンドのサーバにかかる負荷は日々増加している。こうしたWebサービスの構築では、高速で安定性があり、コンテンツキャッシングやロードバランシング能力の高いロードバランサを利用...(2016/4/18 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
ECCハード処理、FPGA活用――クラウドでも最適な次世代ロードバランサー/ADCとは
 近年は、Webサイトの「常時SSL化」に取り組む企業が増え、SSL復号の処理が増大している。また、アプリケーションのビジネス価値が増大するにつれ、情報流出問題やDDoS攻撃によるサービス停止に伴うブランド毀損やビジネス機会の損失への対処する方法が求められている。(2017/5/16 提供:F5ネットワークスジャパン合同会社)

製品資料
Webサービスの負荷激増にどう対処する? “常時SSL化”時代のトラフィック制御
 Webサイトのトラフィック増大、サイバー攻撃の増加などを背景に導入が進むアプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)。ロードバランサーの上位製品であるADCは、高度なトラフィック制御技術により、WebサイトやWebサービスの負荷分散とセキュリティ強化を実現す...(2017/3/3 提供:SCSK株式会社)

製品資料
暗号アルゴリズムの必須課題!ロードバランサ選定の際に重要な3つのポイント
ユーザーがロードバランサに求める機能&サービスは様々だが、PIOLINK社が提案する重要なポイントは3つ。中でも暗号アルゴリズムの2010年問題は、SSL TPS処理性能が1/5まで低下してしまう大きな課題だ。本資料では、暗号アルゴリズムの課題は元より、3つのポイントを解決...(2011/10/17 提供:株式会社パイオリンク)

技術文書
ロードバランサーのポイントと基本機能を図解入りで解説すると同時に、導入事例を紹介
 導入にあたってのポイントや基本機能、導入事例などLoadMasterシリーズを理解する上での基本情報に加えて、ドキュメントの最後には販売代理店向け資料も追加している。【製品概要】 ロードバランサーとして必要とされるL4&L7バランシング、L4&L7パーシステンシーなどの...(2013/4/24 提供:株式会社リンクアット・ジャパン)

製品資料
AWSのロードバランサーELBとBYOLの仮想ADCを比較、柔軟で堅牢なWebシステムを構築するには?
 企業のシステムインフラの構築において、今やAWSは当然の選択肢となっている。しかし、AWS上にシステムを構築して負荷分散を行う場合、AWS提供のELBだけでは機能要件の制約に悩むことも多い。 本ホワイトペーパーは、そういった機能要件の制約を解決するソフトウェアベ...(2015/11/16 提供:SCSK株式会社)

製品資料
無線LANのパフォーマンス検証、負荷分散と帯域制御の自動化で得られる効果は?
 企業内における無線LAN利用が拡大する昨今、その通信品質が大きな課題になりつつある。無線LANを利用する端末は種類も台数も増え続けており、より多くの端末が同時に安定して接続でき、快適かつセキュアに利用できるインフラが求められている。 多数の端末とアクセスポ...(2016/10/31 提供:ユニアデックス株式会社)

製品資料
RDSでは物足りない、デスクトップ仮想化の不満をどう解消する?
 Microsoft RDSは長年デスクトップ仮想化に活用されてきたが、歴史が長いだけに課題もある。近年、急増するデータ量に十分な負荷分散機能が提供できず、セットアップや運用管理、拡張には技術力や作業負担を求められる。また、Windows以外のクライアント対応という点でも...(2017/9/21 提供:パラレルス株式会社)

事例
「ひかりTV」サービス基盤を支える「NGINX Plus」汎用サーバを利用することで大幅に導入コストを削減
 NTTぷららが提供する「ひかりTV」は、2014年内にも300万会員を突破する勢いの成長著しいサービスだ。テレビ放送、ビデオ(VOD)、ゲーム、ミュージック、ショッピング、ブック、カラオケ、アプリなどを包括したエンターテインメントのマルチサービスに発展。また、2014...(2016/2/8 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
Webアプリケーションのパフォーマンスを最適化するアプリケーションデリバリコントローラーの選び方
 従来のレイヤー4(L4:トランスポート層)だけでなく、レイヤー7(L7:アプリケーション層)にも対応した負荷分散を実現する「アプリケーションデリバリコントローラー(ADC)」が注目されている。ただしL7での負荷分散は、Webアプリケーションのパフォーマンス低下を招...(2015/7/31 提供:A10ネットワークス株式会社)

技術文書
SDN時代を見据えた失敗しないロードバランサの選び方
 企業内システムはクライアントサーバの時代から、モバイルとクラウド全盛の時代に移行し、多くのシステムがWebアプリケーションとして開発されるようになった。これまで、エンドユーザーに安全かつ高いパフォーマンスでWebアプリケーションを届けるために、ロードバラン...(2014/9/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

比較資料
定番製品との比較で見えてくる、VDIとアプリケーション仮想化のポイント
 IT運用のコストや業務負荷の削減、セキュリティの向上などを目的として、VDI(仮想デスクトップインフラ)やアプリケーション仮想化を導入する企業が増えている。しかし、さまざまな選択肢の中から、機能や特徴などを見極め、自社に最適な製品を導入することは意外と難...(2017/9/21 提供:パラレルス株式会社)

製品資料
マルチクラウドの落とし穴――クラウドに依存したセキュリティ管理の問題とは
 企業が複数のクラウドサービスを利用するようになったことで、アプリケーションのセキュリティ管理がますます複雑化している。 クラウドサービスやオンプレミスなどの各環境の状況に合わせて個別にセキュリティを担保していくのは、管理・コストの両面で多大な負担にな...(2017/5/17 提供:F5ネットワークスジャパン合同会社)

製品資料
Office 365で避けられない回線負荷、少ない運用負荷で解消するには
 Office 365を導入する上で、見逃しやすいポイントが回線の負荷だ。クラウドサービスであることに加え、情報・データの共有機能が強化されているため、以前よりセッション数が増加し、回線に無視できない負荷が発生するケースが見られる。 解決策としては、プロキシのス...(2017/4/4 提供:テクマトリックス株式会社)

技術文書
暗号化通信によるサーバ負荷を回避する「SSLアクセラレーション」設定法
 SSLの暗号化通信を利用すると、通信速度が低下したり、サーバへの負荷が高くなったりするという懸念をお持ちではないだろうか。SSLは、盗聴、なりすましなどのリスクを軽減する対策として、非常に広く普及している通信暗号化の仕組みだ。しかし、HTTP 1.0/1.1プロトコ...(2015/6/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
これで分かる「vSphere 6.5」への移行手順:必要な事前準備と環境別シナリオ
 「VMware vSphere」は仮想化基盤を構築するための中心的存在であるが、その新バージョンである「vSphere 6.5」ではさまざまな機能強化が行われた。大規模環境でのスループットの向上、データセンターの構築と管理の簡素化などにより、パフォーマンスやセキュリティを一...(2017/9/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
ネットワーク性能監視ツール導入事例集――セガホールディングス、他
 エンタテインメントコンテンツを展開するセガグループの業務管理を行っているセガホールディングスでは、グループ全体のインフラ統合で管理対象機器が増大した。迅速な監視登録を目指して新しい性能監視ツールを導入したところ、社内オペレーションの最適化も図れた。 ...(2017/1/23 提供:アイビーシー株式会社)

製品資料
「安全で快適なアプリケーション利用」を実現するプラットフォームをどう選ぶ?
 ビジネスアプリケーションのクラウド利用が拡大するとともに、オンプレミスとクラウドの境界を意識させないビジネス基盤へのニーズが高まっている。安全かつ快適にアプリケーションを利用できるという理想像を目指すには、パフォーマンスや拡張性、柔軟性などさまざまな...(2017/10/16 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
「vSphere 6.5」移行ガイド:事前の確認事項から環境別シナリオまで徹底解説
 定番のサーバ仮想化製品「VMware vSphere」。その新バージョン「vSphere 6.5」では、大規模環境でのスループットの向上、データセンターの構築と管理の簡素化など、大幅な機能強化が図られており、パフォーマンスやセキュリティを一層高めてくれる。 とはいえ既存環境...(2017/6/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
実機検証レポート:「ゼロダウンタイム」のアプリケーションサーバは構築できるか?
 一般的にロードバランサを用いることで、ユーザーリクエストを複数のノードに分散させて負荷を平準化させるとともに、障害が発生したノードの処理を別のノードで引き継ぐことでサービスの可用性を高めることができる。 しかし、一般的にロードバランサ単体では、アプリ...(2013/12/10 提供:日本電気株式会社)

技術文書
徹底解剖!エキスパートが語る、ロードバランサの6つのポイント
1台のサーバでアプリケーションを提供するには、多くのユーザからのアクセスに耐えうるだけのパフォーマンスを備えたサーバが必要になる。とはいっても、ハイパフォーマンスのサーバは当然コストが高く、さらにパフォーマンスを向上させる際にも限界が出てくる。そこで役...(2010/3/8 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
帯域幅の急増にも対応、ネットワーク機能仮想化で構築する通信インフラ
 モバイルデバイスやIoTデバイス、新しいサービスの普及により、ネットワークの構築および運用の複雑さとコストは増大する一方だ。より多くの帯域幅へのニーズも高まっており、世界のIPトラフィックは今後5年間で3倍に増えると予測されている。 このIPトラフィックの急...(2017/10/2 提供:インテル株式会社)

製品資料
「vSphere 6.5」の新機能を徹底解説、次世代仮想化基盤の真の実力とは?
 「vSphere 6.5」は、インフラやアプリケーションのパフォーマンス、運用性を最大化できる仮想化基盤として定評を得ている。その設計は、シンプルなユーザー環境、包括的なセキュリティ、ユニバーサルプラットフォームを主眼としており、自動化と管理、新旧アプリケーシ...(2017/10/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
可用性を高める4つの手法を徹底比較、PCサーバ運用におけるシステム停止時間の削減方法を解説
 企業ICTシステムの重要性は高まり、障害によるダウンタイムは企業経営に大きな影響を及ぼす。システムの高可用性の確保は企業ICT運用の大きな課題の一つだ。 本ホワイトペーパーでは、一般的に広く利用されている高可用システムの比較として、「スタンバイ方式」「HAク...(2015/12/9 提供:富士通株式会社)

技術文書
「フラッシュストレージ」講座:今さら聞けない基礎知識を徹底解説
 フラッシュメモリをベースにしたストレージは、HDDとは比較にならない高速性を武器に年々市場を拡大している。コンシューマー向けのPCの記憶媒体は、既にフラッシュメモリを用いたSSDへと移行し、HDDのみを搭載したPCは少数派となりつつある。 データセンターにあるサ...(2017/10/26 提供:富士通株式会社)

製品資料
クラウド基盤は何を基準に選ぶ?──IaaS・PaaS選びの「5つの要件」
 IoT、デジタルビジネス、ビッグデータ分析など、ビジネスにおけるIT活用が必須となる中で、オンプレミス環境のコストと運用管理、拡張性が問題視されるようになった。そのため、サーバやストレージ、ネットワークのリソースを月額や時間課金で利用できるIaaS(Infrastru...(2017/10/10 提供:日本電気株式会社)

市場調査
クラウドインフラに関するアンケート(2017年6月)
TechTargetジャパンとキーマンズネットは、会員を対象に「クラウドインフラに関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、ツールの利用状況や検討状況が明らかになった。目的:TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員で、IT製品・サービスの導入に関与する方...(2017/9/19 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

Loading