いまさら聞けない「Google Cloud Platform」(GCP)の基礎知識 AWSやAzureとの違いは?「AWS」「Azure」「GCP」を基本要素で比較する【第5回】

Googleの「Google Cloud Platform」(GCP)は、Microsoftの「Microsoft Azure」やAWSの同名サービスと並ぶ大手クラウドサービスだ。GCPの基本的な特徴を説明する。

2023年02月08日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

 Googleはクラウドサービス群の「Google Cloud Platform」(GCP)を提供しており、Amazon Web Services(AWS)とMicrosoftに次ぐ大手クラウドベンダーだ。ITインフラ情報サイトを手掛けるDgtl Infraの調査によると、GCP事業は毎年200億ドル以上の売上高を上げている。GCPは、データセンターや管理手法、SLA(サービス品質保証契約)、料金体系の面で、どのような特徴を持つのか。

3.Google Cloud Platform

データセンター

 Googleは、アジア太平洋地域や北米、南米、ヨーロッパ、中東に複数の「ゾーン」(データセンター)を有している。2022年12月時点で、35個の「リージョン」(地域ごとのゾーン群)が存在し、これらのリージョンの中に合計106個のゾーンがある。

SLA

 AWSやMicrosoftと同様、GoogleはSLA(サービス品質保証契約)の内容を個別のGCPサービスごとに設定している。Googleの仮想マシン(VM)サービス「Compute Engine」の場合、1つのインスタンス(仮想サーバ)に対して99.5%以上の月間稼働率を保証する。複数のゾーンにあるインスタンスや、負荷分散されたインスタンスで構築したインスタンス群の月間稼働率は、99.99%になる。GoogleはSLAを満たせなかった場合、利用料金の一部を、将来発生するGCPサービスの利用料金の支払いに振り替える形で返金する。

管理ツール

 Googleは、Webブラウザで利用できる管理ツール「Google Cloud console」(画面5-1)に加えて、CLI(コマンドラインインタフェース)の「Google Cloud CLI」(gcloud CLI)も提供している。gcloud CLIはオープンソースOS「Linux」と同様のコマンドが利用可能で、Linuxに加えてMicrosoftの「Windows」やAppleの「macOS」といったOSにインストールできる。Linuxディストリビューション(配布用パッケージ)の「Debian」「Ubuntu」「Red Hat Enterprise Linux」「Fedora」「CentOS」用のバージョンもある。

画面 画面5-1 Google Cloud consoleの画面例(筆者がスクリーンショットを取得) 《クリックで拡大》

利用料金

 他のクラウドベンダーと同様に、GCPは従量課金制の料金体系を採用している。GCPを試したいユーザー企業は、最大300ドルの無料クレジットを受け取って、20種類以上のGCPサービスを利用できる。Googleは、GCPで各種処理を実行する際の利用料金計算ツール「Google Cloud Pricing Calculator」を提供している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

AIを活用して広告クリエイティブの成果を予測 Macbee Planetが新モデルを開発
Macbee Planetは、AIを活用した広告クリエイティブの成果予測モデルを開発した。

news106.jpg

KDDIが取り組む3000万人規模のパーソナライゼーション データ基盤とAIの使いどころは?
AI時代のマーケターの悲願である「ハイパーパーソナライゼーション」に果敢に挑むのがKDD...

news046.jpg

ドクターペッパーが米炭酸飲料市場2位に躍進――ペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【後編】
「選ばれし者の知的飲料」として知られ、確固としたファンベースを築いたDr Pepper。新た...