ComputerWeekly 日本語版

TechTarget

新着記事カテゴリ

イノベーション 新着記事

news06.jpg

「TeamViewer」はいかにして“PC以外の遠隔操作”も可能になったのか

リモートデスクトップツールベンダーTeamViewerは、同社のリモートアクセス技術をPC以外の機器においても活用できるようにしている。その取り組みの背景を同社CEOに聞いた。(2024/06/06)

news07.jpg

「HPCクラスタ」をLenovo製品で構築 “宇宙の起源”に迫る研究機関の選択とは

カーディフ大学がLenovoのサーバを導入し、宇宙の起源や星の成り立ちの研究に活用しているHPCシステムの性能を向上させた。Lenovoサーバを利用し、どのようにHPCクラスタを構築したのか。(2024/06/04)

news06.jpg

なぜ「メインフレーム」はいつも“時代遅れ”だと見なされるのか

メインフレームの“独特の話題”には、熟練の筆者でさえも動揺してしまうことがある。その話題は、メインフレームが「時代遅れだ」と批判される状況にも関係している。メインフレームが誤解される理由を説明する。(2024/06/03)

news01.jpg

「GPUを使うとデータセンターの“あれ”が変わる」 研究機関がAI活用を語る

GPUのリソースを有効に活用してAI技術の処理を実行するには、従来のインフラ設計とは異なる観点が求められる。GPUの効果的な活用を模索している研究機関CERNによる取り組みと、GPU活用の要点とは。(2024/05/26)

news05.jpg

Meta、ザッカーバーグ氏が語る「GPU」に投資する理由と“AIの失敗”

Metaが2023年期の決算を発表し、同社のAI技術とそれを支えるデータセンターへの注力ぶりが明らかになった。同社CEOマーク・ザッカーバーグ氏は、AI技術開発の鍵をどこに見いだしているのか。(2024/04/24)

news01.jpg

「HDDが要らなくなる説」が真剣に語られ始めた理由

PCの内蔵ストレージはほとんどがHDDではなくSSDになっているが、データセンターにおいても同様の変化が起きるのか。「HDDが終わりを迎える」という見方の背景にある変化とは。(2024/04/21)

news06.jpg

“CPU中心主義”では得られない「進化したNVMe」の利点とは?

2024年1月、「NVMe」に新たなコマンドセットが加わった。これにより、CPUを中心とした従来のストレージシステムにはない利点が得られるという。強化の詳細と応用例は。(2024/04/18)

news01.jpg

「HAMR搭載のHDD」でも“SSDより絶対優位”とは限らないなるほどの理由

HDDの容量増加を加速させる可能性のあるストレージ技術としてかねて注目を集めてきた「HAMR」採用のHDDを、Seagateが出荷すると発表した。HAMRはSSDとHDDの競争にどのような影響を与えるのか。(2024/04/14)

news01.jpg

「HDDはもう要らない」なんて言えなくなる“HDDまさかの進化”とは?

HDD不要論がささやかれる中でも、HDDの進化が止まったわけではない。HDDベンダーSeagate Technologyが発表した新技術は“HDD劣勢”の見方を変える可能性がある。HDDはどこまで大容量になるのか。(2024/04/07)

news04.jpg

HDDがどう頑張っても「SSD」には永遠に勝てない“決定的な理由”

SSDとHDDの違いを正しく評価する上で欠かせないポイントになるのが、読み書きの速度に影響するパフォーマンスだ。速さに影響するパフォーマンスを細分化して考えると、より分かりやすくなるはずだ。(2024/03/24)

news05.jpg

AIスマホ「Galaxy S24」は過去のAndroid端末とは“あれ”が違う

Samsungのスマートフォン新シリーズ「Galaxy S24」の特徴の一つは、端末にAI機能を組み込んでいることだ。スマートフォンの利用はどう変わるのか。(2024/03/23)

news07.jpg

GPT-4で「視覚障害者の自炊」をサポート ユニリーバはどう実現した?

Unileverが開発した視覚障害者向けの調理支援アプリには、OpenAIのAIチャットbot「ChatGPT」が使われている。食品ブランドの一部で運用が開始したそのサービスは、どのような仕組みなのか。(2024/03/21)

news03.jpg

同じSSDでもなぜ「NVMe」接続はSASやSATAとは“別物”なのか?

SSDの接続に使われる「NVMe」は、SATAやSASとは何が違い、なぜSATAやSASとは別物の技術だと見なせるのか。SSDをより深く理解するための基本を解説する。(2024/03/17)

news06.jpg

Zoomの「Web会議アシスタント」は本当に“コスパ抜群”で使えるのか?

ZoomのAIアシスタント「AI Companion」は、Web会議に関連する業務の生産性向上につながるツールだ。機能やコストの観点で、同ツールの何が特徴的で、どのような利点があるのかをまとめる。(2024/03/15)

news11.jpg

なぜ「普通の無線LAN」にしなかった? クリケット競技場がOpenWiFiを使う訳

南アフリカのスタジアムが「OpenWiFi」を活用して無線LANを構築した。無線LANによるネットワークを構築した目的と、OpenWiFiを使った理由とは。(2024/03/05)

news04.jpg

犯罪防止やマネロン対策に「AI分析」が使える理由 SymphonyAIに聞く

SymphonyAIで金融サービス部門のプレジデントを務めるマイク・フォスター氏は「金融機関がマネーロンダリングに対抗するには、リアルタイムの脅威探知が欠かせない」と話す。危機感の背景にある“現実”とは。(2024/02/23)

news06.jpg

デスクトップPCではなく「ノートPC」こそ“AI時代の主役”になる理由

AMDやQualcomm、Intelといったプロセッサベンダーは、AIモデルが稼働可能なプロセッサのターゲットをノートPCに据えている。その理由は何か。現時点でそうした「AIプロセッサ」を採用する意味はあるのか。(2024/02/14)

news11.jpg

実は新しくないIntel「Core Ultra」が“AI PCブーム”を着火させるのか?

IntelはPCで人工知能(AI)技術を利用できるようにするプロセッサ「Core Ultra」を市場に投入した。他ベンダーも同様の狙いに照準を合わせる中で、IntelがAI用プロセッサの投入を急ぐ理由と、その影響とは。(2024/02/08)

news08.jpg

NPU搭載の“AIノートPC”はなぜCPUではなく「専用プロセッサ」を使うのか?

プロセッサベンダーはノートPC市場に向けて、AIモデルが稼働可能なプロセッサを投入している。その理由を考えるために、まず「AIとは何なのか」を理解しておこう。(2024/02/07)

news01.jpg

「DPUと呼べるプロセッサ」はこれだけあった 主要ベンダーを整理

「DPU」(Data Processing Unit)のニーズが高まる中で、さまざまなベンダーがDPU市場に参入した。自社に最適なDPUを選ぶ際に知っておきたい、注目のDPUベンダーとは。(2024/02/02)

news12.jpg

「5G」の次世代「6G」で何ができる? インドで始まる“モバイルの未来”を解説

通信機器ベンダーEricssonは、インドにおける「6G」研究プログラムを開始した。どのような新技術や活用例が登場するのか。名門工科大IITと提携する狙いとは。(2024/01/29)

news02.jpg

「結局DPUって何?」が分かるCPU、GPU、DPUの根本的な違い

「CPU」や「GPU」と共に使われ、“第三のプロセッサ”と言われることもある「DPU」(Data Processing Unit)。CPUとGPUとは何が違うのか。DPUの仕組みを説明する。(2024/01/26)

news08.jpg

英国スパコンの気になるスペック 「Dawn」と「Isambard-AI」は何がすごい?

英国政府は、ケンブリッジ大学の「Dawn」とブリストル大学の「Isambard-AI」というスーパーコンピュータに研究開発に資金を投入し、AI技術研究を推進している。気になるスペックは。(2024/01/19)

news06.jpg

注目の「DPU」とは何か? その本質が分かる“CPU補佐役”の正体

AWSやMicrosoftなど大手クラウドベンダーを中心に、「DPU」(Data Processing Unit)の採用が進んでいる。CPU、GPUの“新しい仲間”DPUには前身がある。それは何なのか。(2024/01/19)

news03.jpg

デジタルツインで進化する「フォーミュラE」はF1並み――開発者が語る魅力とは

電気自動車(EV)のレース「フォーミュラE」には、F1とは違うフォーミュラEならではの面白さがある。Jaguarのレーシングチームのエンジニアにその魅力を聞いた。(2024/01/19)

news08.jpg

マッキンゼーが語る「生成AI」にはオンプレミスより「クラウド」を使うべき理由

生成AIとクラウドサービスは、互いの利点を引き出す相互補完的な関係にある。例えば、生成AIを活用することで、アプリケーションのクラウド移行期間を短縮できる。(2024/01/17)

news03.jpg

「DNAストレージ」がデータ保存の“限界”を超えるのか

データの使用量が増え続ける中、各種ストレージ新技術の開発に期待がかかっている。新たに発表された、DNAとデジタル技術の組み合わせるシステムがストレージ業界に革新をもたらす可能性がある。(2024/01/14)

news07.jpg

車体ではなく「デジタルツイン」がレースの勝敗を分ける――その開発の裏側

電気自動車(EV)のレース「フォーミュラE」出場チームのエンジニアは、「デジタルツインが勝敗の鍵を握る」と話す。デジタルツインでどのように高速化を実現するのか。(2024/01/12)

news06.jpg

電気自動車のF1「フォーミュラE」の進化が“意外なほど”に面白い理由

電気自動車(EV)のレース「フォーミュラE」の出場チームは、デジタルツインなどの技術を活用して車体の改良を重ねている。EV特有の技術条件などを解説する。(2024/01/05)

news09.jpg

SubwayもCoca-Colaも使うサステナビリティツール「Ubuntoo」とは?

サステナビリティ(持続可能性)推進に悩む企業にとって、AIツールは課題解決の一つの手段となる。その具体的な機能や活用方法とは。Subwayの導入事例と併せて紹介する。(2023/12/21)

Computer Weekly日本語版とは

「Computer Weekly日本語版」は、1966年に英国で創刊された媒体Computer Weeklyの国内版です。ITインフラや業務アプリケーション、IT戦略、産業別の動向など、幅広い話題をITプロフェッショナル向けに発信しています。2011年5月より、米TechTargetがデジタルマガジンとしてComputer Weeklyを発行しています。